整備マニュアル

| EDIT

 札幌の164現役オーナーであるkanatyuさんにお願いして、164の整備マニュアルをお借りしております。

 前オーナーからも整備マニュアルの引き継ぎはありましたが、kanatyuさんと全ページを突き合わせた結果、Q4に特化した部分のみの抜粋であることが確認できました。

 整備マニュアルは膨大なページ数でしたので、前オーナーはQ4専用部分だけ抜き出されたのだと思いますが、今後、自分で部品をもぎれるようになるにはやはり全ページを持っておきたい。

 kanatyuさんの手持ちのマニュアルも今となっては貴重な資料。惜しげも無くお貸し下さったkanatyuさんにただただ感謝です。

 ただ、仕様の違うページが混じっており、共通部分かsuper専用かは後で確認しなければなりません。とはいえ、アホな私にはすぐには判断もつかないので、取り急ぎまずは全部コピーしてからちゃんと整理しようかと思います。

 次はお借りした整備マニュアルをお返しに上がりつつ、いよいよkanatyuさんの部品取り車で部品取りの実践指導をいただこうかと思っております。

 先ずはツナギなんぞ買ってみようかと。

 なお、kanatyuさんは今回、オーナーズクラブを更新されませんでした。現役オーナーがオーナーズクラブに属さないというのは、北海道と言う地域性から本州大都市圏中心のクラブに属するメリットが薄いことはわかりつつも、ノウハウの伝承が途絶えてしまうことからも大変残念なことです。

 他にもクラブに所属せず、自力でメンテナンスされている方が地方にはいらっしゃるかもしれません。

 私は164にまだまだ乗り続けたいので、これまで培ってこられた皆さんのノウハウがいただきたい。クラブメンバーも、それ以外の方も、今後ともお気づきのことがありましたらここにお知らせください。皆さんのお知恵なくして164は維持できません。宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト
Category: 未分類

164なんですけどね。。。

| EDIT

 板金からまだ帰ってこないんですよ~。さすがに禁断症状が・・・。

 腕のいい板金工の方だというし、デリケートな作業のようなので致し方ないんですが、結構大きな存在になっていることに気がつく今日この頃。

 そして駐車場にはオイルの染みが・・・。少しずつ少しずつ、直していかないと。でかいトラブルはもうちょっと待ってくれ(汗)

Category: 未分類

164が好き

| EDIT

 164がオイル交換から帰ってきました。さっそく笠岡までドライブ。道の駅の駐車場に止めてとふと遠巻きに車を見ると、どうもなんか変・・・。光のラインが不自然な気がします。近づいてよく見ると右フェンダーがへこんでかなりベッコリ(涙)。
 
 オイル交換に車を出す前にはこんなへこみはなかったように思います。

 とりあえずジャッロガラージュに相談。水河さんも整備工場から車が戻ってきたときにはへこんでいることは気がついたものの工場に出すときどうだったかまでは特にチェックしていなかったので記憶がない、とのこと。工場のスタッフいわく「初めからへこんでた。」のだそうで・・・。

 確かに自分も整備に出すときにしっかり水河さんと一緒に外装のチェックをしていなかったわけで落ち度はありますし、厄介な車をお願いしておいて板金の修理費でガタガタ言う気はないのですが、あまり気分のいい話ではありません。

 それより心配なのはきれいに直せるかというところです。その辺も相談したところ、水河さんもラインが出るように腕のある板金に出した方がいいと言う意見。イタリア車が得意な腕のいい板金屋があるとのこと。ただ、車のへこみを実際に見て見積もりを出してもらわないと修理費はどうなるかわからないそうです。

 気分の晴れないところもありますが、次回以降164の整備を出す時にはこの工場以外にしていただきたいことだけ伝え、あとは淡々と修理することにします。

 まあ、車も「物」。使えば壊れる。壊れたら直せばいい。大好きな164のためだ、なんとかなるさ(苦笑)

Category: 未分類

初参加に向けて・・・

| EDIT

164OCの秋のクラブイベントは初参加。事前準備をと思いましたが何も出来そうにありません(苦笑)

とりあえず来週は関西中部勢の集合場所である中央道内津峠PAに7時までに行かなくては。となると・・・岡山発は2時ってところか(爆)

Category: 未分類

宿情報

| EDIT

 宿情報です。わいた山荘、4つ(入りきれなかったけど6つ?)全て貸し切り露天風呂、離れには離れ専用露天風呂もあります。

わいた山荘 竹林の湯
 この時期は、明け方も夕方も夜も気持ちよかった竹林の湯

 そして、この宿の名物なのがこの蒸し鶏だそうです。これは半身に切り分けられてしまいましたが、持って来られたときは丸々一羽蒸されてきます。

 わいた山荘 蒸し鶏


わいた山荘 離れの湯
 好きなときに入り放題な離れの湯


 たまの息抜きにはいいのではないでしょうか?

 興味のある方は、お声がけいただければご案内します・・・なんて書こうと思っていたら私は・・・、私の懐具合はそれどころではなくなってきました(汗)

 貧乏暇なし、ナイスビンボー、ビバビンボー、こうなったらビンボーを楽しみつくしてやる(爆)

Category: 未分類
  • »
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。