あぶないQV連絡会 その2

| EDIT

 あぶQ2日目の朝は二日酔いからスタート(苦笑)
 そんな中、特に二日酔いのひどい×竹さんが給食担当の責務を果たして冷やし狸うどんを作ってくれました。

あぶQ2朝食1
あぶQ2朝食2
 朝食を写す×竹さんを写すk氏を写す私(笑)

 食事の後は164のエンジンを見ながら構造についての座学の時間です。

 156に比べると構造が理解しやすい、というかタイミングベルトが完全にカバーで隠れてなかったり、デストリビューターがしっかりあったりして、違うもんだなーと実感しました。こればっかりは実際にエンジンを見ながらでないと意味がないことがよくわかりました。

座学その1
座学その2
座学その3
座学その4
座学その5
座学その6
 どこに何があるのかわかってきて、初めて全体で一つの仕事をしていることに納得できました(笑)

 そしてこの2日間にy氏と二人のk氏からいただいたアドバイスが自分にとって今回のあぶQ2最大のポイントだったのかも知れません。

「164はもはや市場価値のない車。どんなに整備や内外装にお金を注ぎ込んでも市場に出る時の車体の価値は0。後は自己満足の世界。逆に言うと、走る、曲がる、止まるができれば後は気にしないくらいに割りきって乗っていれば維持できる。2~3百万じゃすぐに買いますとはいかないけど、2~30万あればとりあえずは買えちゃう。それくらいならなんとかできるはず。だから気になる個体があったなら買ってしまえ、車検が切れてたらそのまま1/1モデルにして車庫に飾っておいてもいい。金ができたら直せばいいし、とにかく買って置いておけばそれ以上車がヤレることはない。動かさないことによる劣化は後からでもなんとかなるし、実際には買ってしまえばオーナーズクラブの連携で部品もなんとかなるし、維持できちゃうもんだ。」というもの。

 これには正直ぐらぐらきました。前日のy氏のQVでメロメロになってましたからなおさらです。後は金策。とは言え足車は必要だし、156もきっちり惚れてしまっているので、いまさら手放す気になれません(苦笑)

 しかも今週末は1年点検。これについても悩みはあったのですが、これも後日整理するとして(汗)

 とにかく目先の経費を捻出した後、どうするか考えることにしました。

 さて、座学も終わって名残惜しいがレイクランドヒバラともお別れです。

 せっかくk氏が名古屋から来て下さっていることもあり、ここは山形名物のお釜に行くことにしました。

 途中、昭和の雰囲気満点のドライブインで食事をして、お釜に到着です。

お釜の駐車場
お釜

 その後は駐車場に陣取り試乗会パート2開始。k氏の164はマイルドそのもの。そして、はじめはギクシャクしながら乗ってましたがだんだん楽しくなってきました。大きいはずの車体があまり気にならなくなってきて、ついついアクセルを踏みたくなってしまいます。とはいえ、ブレーキがなんとなく心もとなく踏みたいような怖いようなジレンマです(苦笑)

夢のツガイ2

 164を私が試乗した後は、×竹さんが156を試乗することになりました。どうも×竹さんは156が気になっているようです。運転しながら「これもやっぱりアルファだ~っ。」としきりに言ってました。

 ただ、ビルシュタインのダンパーと今のタイヤの組み合わせには不満があるようです(苦笑)

 ひとしきり試乗会を行って流れ解散となりました。

 今回のあぶQ2では、とにかく164という車の魅力が大分現実的にわかってきました。本当に皆さんに感謝するばかりです。

 で、買うの?って質問はしないでください。「欲しがりません、買うまでは。」ですので(笑)

スポンサーサイト
Category: イベント

あぶないQV連絡会2 その1

| EDIT

 6月27、28日の土日に、あぶないQV連絡会2にレイクランドヒバラまで行ってまいりました。

 福島、桧原湖近くのセブンイレブンでk氏、y氏と待ち合わせ、×竹氏は買い出ししつつレイクランドヒバラに直行です。合流後はレイクランドヒバラへ移動し、いよいよ’あぶQ2’、スタートです(笑)

レイクランドヒバラ3

 先ずは昼食を・・・と蕎麦屋を探して出発することになりました。私はy氏の横に乗せてもらいました。相変わらずの爆音仕様(失礼)ですが、車内にいるとそれほどではなく、トンネルではいい音を響かせます。

 走り出して大分たったものの、なかなか蕎麦屋に着きません。そろそろ喜多方か・・・というところで先行する×竹氏が蕎麦屋を発見。一見普通の農家って感じです。

 店仕舞いぎりぎりの到着でしたが、快く座敷に通してくれました。蕎麦ができるまで、きゅうりといんげんを出してもらいましたが、これがうまい!しかし、蕎麦を食べる時にまで店の人に横で薀蓄語られるのはどうも・・・(苦笑)

 蕎麦屋からレイクランドヒバラまでは、y氏の愛機を運転させていただきました。初QV、その前に初左ハンドル、そして1年ぶりのMT、もう心臓はバクバクもんです(汗)

 動き始めるまで、正直違和感がありました。クラッチの感覚がアルテツァとはかなり違った感触です。クラッチも若干重め、シフトもちょっと渋い感じがしました。

 車線の中に車をキープするのに冷や汗をかいていましたが、だんだん面白くなってきました。トンネルでアクセルを開けたくなるのは仕方ないでしょう(苦笑)

 試乗しつつレイクランドヒバラに到着。ここからいよいよスカイバレーに向かいます。しかし、スカイバレーを私の腕で運転するなど危険きわまりないので、今度はもう一台のk氏の164QVの助手席にのせて頂きました。同じ164QVでもセッティングの違いでかなり印象が変わることがわかりました。k氏のQVはかなりマイルド、でもしっかりいい音してます。これがオリジナルに近い味わいなのだとか。第一印象は上質なサルーンと言った感じです。

 お二人のQVに対するアプローチの違いは大変参考になりました。詳しいことはまた改めて整理することとして・・・。

 スカイバレーでは先ず405から二台のQVの走る姿を撮影。×竹氏の撮影にかける捨て身のプロ根性(?)と武闘派k氏の普段の走りからは考えられない水のこぼれないドライビングで素晴らしい映像をものにして行きます。

スカイバレー撮影
スカイバレー頂上

 そして、その後で405とユーロR、164で交代しながら上りと下りを試乗しつつ楽しみむことになりました。私は×竹氏のドライブする405の助手席に乗り、先行します。対するはユーロR、こちらはかなり後からスタートしたはずです。

 しかし登りの半分辺りで遅い車に手を焼いているうちにユーロRの姿がバックミラーに写り始めます。地元の意地にかけても負けられないと焦る×竹さんは痛恨のシフトミス・・・(あっ、書かない約束だった)。完全に追い付かれた×竹さんはとうとう姑息な?手段に出ます(笑)

×竹さん

 スカイバレー頂上少し手前の駐車スペースで車を停め、ドライバー交代をするかに見せかけて、ユーロRも交代しかかったところをすかさずダウンヒル開始です。これで交代分のマージンを稼いだかと思いきや、ユーロRもそのまま追いかけてきます。結果は最後まで振り切れませんでしたが、そのドライバーがこういちさんと知って二度びっくり。普段、物腰やわらかくジェントルな雰囲気のk氏があれほど攻め込んでくるとは!?

 この際、速い遅いだけだったらユーロRは絶対的に速いですが、その基準だけで比較するのもどうかと思うくらいラテン車は対照的な車たちです。まあ、その話もおいておくとして。

 ひとしきり楽しんだところで、y氏が埼玉に帰る時間になってしまいました。本当に勉強になりました。ありがとうございました(笑)

164 y号

 こうしてスカイバレーを堪能した後は汗もかいたことだし、猫魔ホテルの温泉に行きました。ここはミッレミリアの中継地点にもなるホテルだとか。至福の一時を過ごした後はいよいよバーベキューです!

saito.jpg

 k氏の差し入れの牛のたたきとスモークサーモンは絶品でした(笑)それにしても、すごいボリュームです。そしてさらにBBQもですから、さすがに大の男が四人がかりでもさすがに食べ切れませんので、お隣さんにおすそ分けです(笑)
 それにしてもランタンを忘れてしまい、暗いサイトになってしまいました(苦笑)

明かりが欲しい

 食事の後はトレーラーハウスの中で今日撮影した映像の試写会と車のことや次のクラブイベントのことなど、とりとめのない話がつきません。そのうち一人ずつ眠っていき、最後まで起きていたのはK・Kコンビ(?)。その私も半分意識は飛んでましたが(爆)

トレーラーハウスへ1
トレーラーハウス2

 ここでもう一つ借りた別のトレーラーハウスにK・Kコンビは移動。ここで、k氏がなにやらギターを取り出します。と、そのギターは名器’ギブソン’です。k氏の多彩さに脱帽です。しかし、私はあまり局をしらず、とっさにはなかなかリクエストできないままそろそろ寝ようかということになってしまいました。今思えばあれを弾いてもらえばよかったと思う曲がいくつもあるのですが(苦笑)

 いずれにしても、こうして充実した第一日目が終わりました。

Category: イベント

あぶない?QV連絡会を終えて・・・

| EDIT

 先日の火曜日、赤湯にて「あぶない?QV連絡会」がありました。実際には「QVは全然あぶなくないよ!連絡会」ですが・・・(笑)

 皆さん本当にあったかい方ばかりで、車っていいな~、164欲しいな~、買うならQV!と素直に思いました。楽しい話の中にオイルの真実やショップとの付き合い方など、もう一歩引いて自分なりにユーザーとしての知識と経験をもっと蓄えないといけないとも感じました。とにかく深夜の温泉談義まで、本当に充実した夜でした。

 そこで、アルファロメオ164QVに対する自分なりの1つの結論。これから掲げる三つの目標を達成してから自分へのご褒美として購入することにします(笑)
 なお、156には愛着があるし、これは購入にいたったいきさつもあるので手放せません。今はまとまった金が必要なので、156の稼動頻度ももう少し落としつつ、長い付き合いをしていこうかな・・・とも思ってます。
 
 コミット
 ①TOEICテストで750以上取る。
 ②体重を65kgまで絞り込む。
 ③一日一善164購入貯金(笑)

 他にもコミットしたいことはあるけど、あまりハードルを上げると形だけになってしまうのでこれくらいにしときます。
 さっそく今夜から食事の摂生と英語漬の日々に入ります(苦笑)
 次のテストでは500点取りたいな(爆)

Category: イベント

今更ながら・・・、みちのく寄り合い

| EDIT

 みちのく寄り合いですが、やっと雑用も落ち着いてき遅ればせながら自分も整理したいと思います。今週はどたばたで風邪を引いてしまいました・・・(苦笑)

 今回、私は山形に住んでいながら何もしませんでした。本当にこ~んずさんと×竹さんには頭が上がりません。せめてレポートだけは・・・と思ったのですが、自宅のパソコンの問題で結局、これもこ~んずさんのお手を煩わせてしまいました。

 しかも取り留めのない文面で事務局の皆様にまでご迷惑をおかけしているのかもしれません(泣)

 もう皆さんがみちのく寄り合いについて書かれているので、自分はこ~んずさんと×竹さんの心遣いを裏から見たままにご報告いたします。

こ~んずさんの心遣い・・・ここでこ~んずさんと×竹さんの写真を出したいところですが、面が割れるといけませんので、こ~んずさんの愛車を(苦笑)
ぷじょーろめお

 このぷじょーろめおMi16、こ~んずさんが操ると絶叫マシーンになります。その片鱗をkobuさんとみやさんをお出迎えする途中で垣間見ました。ほとんどタイヤは鳴りっぱなし、それでも相当のマージンがあるようで、コース攻略ポイント解説付きの大サービスでした。

 ですが、正直、怖くて硬直してました(苦笑)今思えば、それもこ~んずさんのおもてなしだったのだと感謝しております。こ~んずさんは数週間にわたるコース設定から前日組への配慮、そして当日の気配りと、入会半年の自分にとっては本当に勉強になりました。

 ×竹さんの心遣い・・・これはもう先ずは写真ですね。

×竹さんの心遣い

 片時もカメラを離しません。すばらしい疾走シーンもさることながら、OCの皆さんの飾らない自然な姿を撮影していてくださっていて、家に帰ってからもう一度寄り合いを楽しませていただいてます(笑)
それに、さりげなくそつなくこ~んずさんのアシストをきっちりこなされてました。前日の予約状況から昼食と撮影準備、会計まで、本当に何もせず、すみませんでした(泣)

 それにしても自分にとってこの半年、この二人の存在が思った以上に大きくなってしまいました(苦笑)タイプは全く違いますが、とにかくいろいろな意味でしびれます(笑)

重鎮

Category: イベント

みちのく寄り合い

| EDIT

 昨日、今日とみちのく寄り合いでした。本当に皆さん、お疲れ様でした。

 こ~んずさん、〇竹さん、お疲れさまでした。ありがとうございました。何もできず、すみませんでした(汗)

 明日の早朝から青森に出張だというのに何も準備できてなくて、ちょっとあせってます。写真は出張から帰ったら更に追加するつもりですが、とりあえずご挨拶だけ先に。

 せめてレポートはと思いましたが、だめだったかもしれません(汗)

Category: イベント
  • »
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。