今年中ということは・・・

| EDIT

 妻との交渉の結果、今年の暮れに今の車の車検も切れるし、その頃なら156のいい出物があったら購入できる、ということになりました。

 ということはそれまでは今の車に乗るしかないわけです。今のうちにヒールアンドトーを練習しておこう。(実は未だにできません。)

 皆さん、どこでどのように練習されてるんでしょうか?ブレーキの踏力が一定にできず、急ブレーキになってしまいます。こんなのを一般道でやってたらすぐ事故になっちゃいそうです(汗)

スポンサーサイト
Category: 日記

といっても156

| EDIT

 さて、アルファ・ロメオを買うことにはしましたが、いろいろ思案したあげく結局前期型156 2.0セレスピードにしました。

 「御託を並べた割に、なーんだ。」な選択かも知れませんが、最優先したのは、手頃な値段で「アルファ・ロメオらしい」アルファ・ロメオに乗りたい、ということでした。

 アルファ・ロメオと言えば、何となく「6気筒のFR」がイメージでしたが、セレスピードは使いこなせるとかなり楽しいとも聞きました(510様のインプレッション前に決めてしまったので、MTには後戻りできません)。中古のアルファロメオで選択するとしたら156のFFセレスピードを取るか、164Q4の4WDとMTの組み合わせでしたが、嫁がMTに乗れないので、せめてセレスピードは欲しい、となれば先ずは走行距離50,000km程度の初期型156セレスピードでイタリア車のお勉強というなんとも無難な選択になりました。

 あとはお店からの連絡が入るのを待つばかりです。

Category: 日記

A lot of livin' to do !

| EDIT

「アルファ・ロメオの天国と地獄」、このブログでこれまでのイタ車に対する不安が吹っ飛びました!といいますか、ここまであっけらかんと直して全開走りしてぶっ壊して、また直して、ついでに仲間の車も直して、車と別れて、車と出会って・・・アルファ・ロメオと人生を楽しんでいる姿がよくわかり、最初の記事から一気読み!わき上がる高揚感を久しぶりに味わいました。自分がとても些細なことに拘っていたように思えます。

 このブログにはアルファ・ロメオと生活する苦楽が凝縮されています。1年ぶっ通しで毎日更新というお馬鹿な企画〈失礼〉もさることながら、寝る間も惜しんでブログを書き、精力的に仕事をこなし、遊びもアクセル全開、今できることを精一杯やって全力で生きる、これがこの人の生き方であり、これは勇気を与えてくれる元気のブログです。

 人生は短い。急がなければ。やりたいことがいっぱいある。やるべきことがたくさんある。
人生は A lot of livin' to do !

 というわけでアルファ・ロメオを買うことにしました。

Category: 日記

アルフェスタのあるべき姿

| EDIT

 床屋の親父さんのアルファロメオは164でした。しかもディーラーが近くにないので部品は自分で手配し、整備工場を借りて全て自分で整備、もちろんユーザー車検。この床屋の親父さん、子供の頃から格好いいな、と思ってましたが、こんな趣味人とは思いもしませんでした。

 『164は、新車のときからすぐにあちこち壊れたけど、ほとんどがかわいい壊れ方で、立ち往生したことは1回しかない。買ったばかりのころはよ く見られて恥ずかしくなるくらいだった。それとエンジンがとにかく気持ちいい。』と目を細めながらうれしそうに話されると、自分がトラブルを心配して何も出来ないことがばかばかしく感じられました。

 手間のかかるくらいの車がかわいいよ、と言われながら床屋を後にしました。

 とにかく、毎月髪が伸びるとダメ車(失礼)のトラブル話を聞きに床屋に通うようになりました。親父のこともあり、乗りたい車に乗らないと損じゃないかと思い始めました。この辺からイタ車熱が一気に上昇していきます。 そこから素朴な疑問が始まりました。アルファ・ロメオってそもそもどんな車なのか?CGTVが始まったばかりの頃、松任谷さんのスッド話に不安になり、それでも画面いっぱいに走るGTaにあこがれ、西風の漫画に心奪われ〈クロスロードの方が下ネタがなくて好きでした〉、今思えばアルファ・ロメオも心に刺さったメーカーではありましたが、ほとんど知識がありません。

 そしてとりあえずアルファ・ロメオ164でネット検索しているうち、心の「神様」に出会ってしまいました。510190様です。(突然、不躾にすみません。)

〈次回へ〉

Category: 日記

二人目のアルフェスタ

| EDIT

 昨年の1月、田舎の親父が体調を崩して、これまでの生活が一変してしまいました。こんな時に両親の側にいられない自分は親不孝者だとつくづくと思いながらもそんなことはお構いなしに現実は次々と問題を運んできます。それでも何とか半年過ぎて親父の容態も落ちついてきました。

 親父が倒れてからの半年は本当に長く感じましたが、今思い返すとあっという間のことのようでもありました。 とにかく、それからというもの週末毎に東京と栃木を往復する生活が始まりました。今まで田舎の家のことは全て親父まかせだったため、雑用に追われ、気がつけば2月も半ばになり、髪が伸び放題でさすがに鬱陶しくなってきました。

 仕方ないので、昔通っていた田舎の床屋にひさしぶりに行きました。店に入り、とりあえず挨拶と親父の容態など世間話をしばらくした後、なぜか話題は車のことに。「アルテッツァに乗ってるんですね。そういえば、以前はソアラのエアロなんて変なのに乗ってましたよねー。」そこで10年前に一度だけここに髪を切りに来たことを思い出しました。

 ここの親父さんと車の話しをするのはその時以来でした。車の話しとなると前後の見境がなくなるのは車好きの常のようで、話し始めると愛車の話題が止まりません。アルファ・ロメオに乗っていたが、最近はポルシェの出動比率の方が多くなってしまったとのことなど・・・。そういえば以前、アルファ・ロメオに乗っていることを聞いたことがありましたが、そのときはあまり興味がなかったのでつっこんだことを聞きませんでしたが、実はそれが164でした・・・。

Category: 日記

事の始まり

| EDIT

 生粋のアルフェスタの皆様には動機が不純だとお叱りを受けるかも知れませんが、正直なところアルファ・ロメオを買おうと思い立ったのはごく最近で、もともと妻の反対を受けながらも真剣に購入を検討していたのはランチアデルタでした。 アルファ・ロメオに変えたのには、背中を押したアルフェスタ(?)の存在が大きかったと思います。

 最初のきっかけは一昨年、突然うずき出したイタ車熱病(?)にたえきれず、近所のラテン系自動車を扱っているロッソコルサに飛び込んだことからでした。故障が怖くてランチアデルタの購入を躊躇する自分に『とりあえずアルファ・ロメオの高年式の中古車に乗ってみろ。アルファロメオが維持できないなら、ランチアデルタは無理だ(もちろんもっとソフトな言い回しでしたが)。』という一言だったと思います。

 この時は、仕事の関係で4WDが欲しいけど国産車ではつまらないという安易な理由だったのでランチアデルタでだめなら155Q4は?とか164Q4ではどうか?などと軽薄にもさらに食い下がり、あきれた社長の一言がこれでした。今にして思えばその時はお店の方も忙しいところ作業の手を休め、その後も何度もやっかいなメールでの問い合わせに丁寧に大人の対応をしていただきましたが、あまりの自分の不躾な相談に社長も内心は相当お怒りではなかったかと思います。(その前にあまりの地獄車ラインナップに相当あきれられていましたが・・・。)

Category: 日記

ブログ、始めてみました。

| EDIT

 初めまして。きゃつおと申します。

 アルファロメオオーナー諸先輩方のブログを見るうち、いい年してイタ車の魅力に取り付かれてしまいました。
 
 とはいえ、車のメンテなどしたこともなく、全くの無知のまま近所の業者さんに156前期型セレスピードを探していただいてます。

 新参者ですが、アルファロメオオーナーの諸先輩方、また、イタリア車欲しい病(物欲熱)にかかってしまったご同輩の皆様、宜しくお願いいたします。

Category: 日記
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。