吉祥寺散歩

| EDIT

 3週間ぶりに自宅に戻りました。

 三連休だからと言って、何をするというわけでもないのですが、アルファロメオ156も今のところ何の問題もなく、メンテナンスの予定も今週末はないので、久しぶりに吉祥寺でもぶらぶら散歩することにしました。

 吉祥寺は13年前、東急のイベントで日本のシンドラーと言われている杉原千畝の資料や遺品などの展示物を見に来たのが最初でした。恥ずかしながらそれまで杉原千畝という人物のことを知らなかったのですが、その時の感動は昨年(だったか?)放映された反町隆・飯島直子のドラマよりはるかに強烈でした。

 そんな吉祥寺もジブリ美術館ができ、イセヤ本店も立派なビルになってしまい、思えば大分変わってしまいました。そんなことを思いながらふと13年前の記憶をたどってみると当時から変わらず印象に残っているのはこれでした(苦笑)

吉祥寺1

 たまたま私の印象に残っていたのがこれだったというだけで、古くからあるたたずまいの変わらない店もたくさんありますので誤解のないように・・・。おしゃれな店はガイドブックにも載ってますからそちらを参考に散策していただけたらと思います(笑)

 こんなしょうもない写真ばかり携帯で撮っていても仕方ないし、そう言えば髪も大分伸びたのでいつもいくアクイールで散髪することにしました。

 床屋で髭を剃ってもらうのも好きなのですが、、コンタクトレンズを入れていると目蓋を触られたくないし、かといって眼鏡を外すと何も見えないというジレンマから最近はどうしても美容院ばかりです(苦笑)

 前にもちょっと書きましたが、私は相当の絶壁で、髪を間引きながら上手く絶壁を隠してくれる人がなかなか見つからず苦労してきました(涙)

 「短めに。」と頼んでも初めての人はなかなか思いきってカットしてくれないか、もろに絶壁がバレてしまうかのどちらかがほとんどで、うまいと思える人にはなかなか出会えません。

 ちなみに「この人はうまい。」と思う人は最初に絶壁を触って頭の形と髪の毛の流れ方を見極めてからハサミを入れます。最後は絶壁を隠す櫛の使い方までアドバイスしてくれたりします(苦笑)

 でも初対面でそこまで踏み込んで話してくれる人は数えるほどしかいません。そしてそういう人はたいてい独立してしまって、通いにくくなることが多いんです。

 その度に次の店を探す長い旅がまた始まるので、悲しいかな、私は美容師の腕を一発で見破れる体になってしまいました(号泣)

 以前は青山をいくつか転々とまわっていましたが、ここ数年足も遠退き、吉祥寺で美容院を探すようになりたどり着いたのが竹原さんのところでした。竹原さんとは独立する前からのお付き合いですが、実はこの店は11月いっぱいで移転してしまうということで、私にとってはこの店では最後のカットとなりました。

 でも幸いなことに移転先もも吉祥寺、しかも若干ですが自宅から近くなります(笑)

 ひとつだけ気になることと言えば、これまで予約なしの飛び込みでカットしてもらえたけれど、店が大きくなると予約制になったりしないかということ。まあ、このブログで客の入りがよくなるなんてことはないと思うので安心してますが、更に人気が出そうなのであまり混んでしまうのも考えものです(苦笑)

アクイール1

 この竹原さんも結構な車好きです(笑)

 ですが、私の趣味とはちょっと違うようです(苦笑)私はどちらかというとラテン車の旧車好きなんですが、竹原さんはポルシェ好きの新型車好き。WRCでも私がデルタ好きだったのに竹原さんはセリカ好き(まあ、オーナーだったから仕方ないか)。

 そんな竹原さんと車の話題で初めての意気投合したのがアルファロメオスパイダー(笑)もっともスパイダーなんて一度も触ったことがないのでイメージばかりなのですが(苦笑)

 今からスパイダーに乗れる日が楽しみです。そのためにはなんとしてもこのお店には軌道に乗っていただかないと(爆) 

スポンサーサイト
Category: 日記

我が家の愛犬?

| EDIT

 個人的な印象ですが、趣味性の強い車はペットに似ているところがあるように思います。

 アルファ・ロメオは156TSしか知りませんので一概には言えないのですが、正直なところ連綿と築き上げられた歴史からくる近寄り難さや世間一般のイタリア車に対するマイナスイメージとは違って、いたって普通に使える自動車というのが実感です。もちろんその手のマニアックな車の枚挙に暇がないのも事実ですが、アルファ・ロメオ全てが突出した趣味車というのは自分の勝手なイメージだったようです。

 156はごく普通の車です。それでもドアを開けて「匂い」をかいでわくわくしたり、乗っていて「コロロロ~」と高くなっていくエンジン音にニヤケてしまったり、小さな喜びがつまっていて、乗る度に癒されたり、元気付けられるところはペットに似ていると思います。 

 そのペット事情ですが、個々の部品の寿命は国産車より少し短いですが、8年経った辺りからやんわりと買い替え(処分)を勧められ、愛着があってもなくても経済的な寿命を迎える国産車に比べると、細々とでもメンテナンスを続けてもらえるアルファ・ロメオはまだ寿命の長い車の部類に属していて比較的幸せなのだと思います。

 そんな156TSはペットとしてはかなり相当素直な性格です。もうすぐ9歳の人間ならそろそろ定年間際、それなりの付き合い方は心得ておく必要があるのかもしれませんが、主治医から注意されたことは今のところ可能な限り守っているからなのか、トラブルらしいトラブルは皆無、快適そのものです。

 主治医から注意された犬(156)と私の10か条をもう一度整理してみると

①食事は腹八分目(機械で給油が自動的に止まるまるところまで)

②散歩はウォーミングアップしてから(キーを回してスイッチを入れてもすぐにセルを回さずに、警告灯の点滅が終わってから。暖機運転してベルトの鳴きが止んでから。エアコンも走り出す前に調節しておくこと。)

③リードは強引に引っ張らない(据え切りしない。cityモードは使わない。)

④運動不足にならないようにきっちり走らせる(3000回転以上を心がける)

⑤ヘアトリートメント(洗車は手洗いの水洗い)

⑥体調チェックも飼い主の務め(変な音や振動などないか気をつける)

⑦予防接種(オイル交換は3000km毎、ベルト回りは50000km目安に早めの交換)

⑧オイル交換は3000km毎、ベルト回りは50000km目安に早めの交換

⑨定期健診はしっかりと(車検なんて整備じゃない。定期点検で早めの健康診断)

⑩天寿を全うさせる(工業製品としての寿命がくるまで面倒を見る)

 エコ替えなんて言ってるけどどうせどこかに転売されてどこかの国で走ってるんですよね。エコ替えはメーカーの新陳代謝を早めてもっと環境に優しい車を作るサイクルを早めるというのが体裁のいい目的(裏は儲けたいだけ)なんだし、それは社会経済に貢献するという高邁な精神と良識と経済力がある方にがんばっていただくということで、自分はやっぱり愛着あるクルマとはできる限り一緒にいたいと思います(笑)

 とにかく、この十か条はメモにして156の車内に置いておくことにします。実際に妻に気をつけてもらうのは①~④までですから、それだけはきっちり覚えてもらわないと(苦笑)

Category: 156

福島にて(土湯)

| EDIT

 大内宿から土湯へ向かいます。大内宿からは昭和の雰囲気漂う気持ちいいワインディングが続きます。156でもそこそこ楽しめますが、ちょっと道幅が細いのが玉に瑕。バイクの一段をやり過ごすため、途中のロックヒルダムで早速の休憩です(苦笑)

ロックヒルダム
 
 ここからゴールドライン、レークラインを通って土湯に向かいます。ちょうどみちのく寄り合いのルートを逆走します。紅葉はまさにピークです。

ゴールドライン

 そして土湯温泉。宿について早速温泉に入り、ちょっと一杯。ほっとする瞬間です(笑)

庭先にて

 そういえば、途中、会津の太郎庵でこんなのを買いました。このチーズの味がおいしくて、ここもついつい寄ってしまいます(苦笑)

太郎庵

 この宿はご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、素朴な感じが好きで何度もついつい足を運んでしまいます。

はるみや1


 それにしても、来月には156が納車後3ヶ月で1万kmに達します。いろいろ考えましたが、現在の使い方はアルファ・ロメオ156を無駄に消耗してしまっているように思えて来ました。
 それに、そもそも妻が乗れるようにと車種を絞り込んで買ったつもりなので、このままでは本末転倒です。スタッドレスを入れて山形で乗ろうかとも思いましたが、ここは妻の練習のために東京に置く事にしました。なにより156を融雪剤まみれにするのはなんとも忍びないですから。

Category: 観光

福島にて(大内宿)

| EDIT

 毎年、春と秋には温泉に行きたくなり、この数年は福島の土湯に来ることが半分恒例になってます。結果的にこの3連休も大移動してしまいました(苦笑)

 土湯温泉にこれだけはまってしまったのは、初めて来たときに通ったゴールドラインとレークラインの紅葉があまりに見事だったのと温泉宿のひなびた雰囲気が気に入ったからなんですが、今年の紅葉もかなりのものでした。

 みちのく寄り合いの時、ですでにスカイバレーは紅葉が大分始まってましたが、ちょうどこの3連休で福島の紅葉が見ごろになったようです。

 そんなわけで毎年福島には足を運んできたので、福島の観光スポットは結構回っているつもりなのですが、今回は初めて大内宿に足を運んでみました。

 大内宿は会津から江戸までの最短ルートとして会津と日光を結ぶ街道の宿場町だったとのこと。

初めて来ましたが、とても落ち着く雰囲気でもっと早く訪れればよかったと思うほどでした(笑)

大内宿1

 まだ開店準備中ですが、こういう古民家がお土産を売ったり、コーヒーを提供したりといろいろしています。

大内宿2

 そうこうしているうちに、観光客も大分増えてきました。ここは観光バスが何台もやってくる結構な観光スポットのようです(苦笑)

大内宿3
 
 紅葉の時期でもあり、気持ちよい一時です。そして大内宿と言えばテレビでもよく取り上げられる葱蕎麦です。

大内宿5

 これがなかなかにたべるのは難しい。また、混んでいたため通された席が店先のすぐ裏で観光客に見られながら食べたところがちょっと恥ずかしいのもあり、余計に焦りました(苦笑)

大内宿4

 名残惜しいのですが、そろそろ土湯に向かいます。

 大内宿6
 

Category: 観光

骨休め・・・

| EDIT

 とりあえず、ベルトの鳴きを直すついでに、またまたディズニーに行ってしまいました(苦笑)

 この時期のディズニーは、一年の中でも一番好きなハロウィン関連の催し物をやってまして、毎年この時期には必ず行ってしまいます。
ハロウィン1

 どうしても入場者が多く、とてもスタンバイなどでアトラクションに乗る気にはなれず、周りと逆に、あるいは先に食事やら散策やらこなしてしまい、この時期だけ模様替えするホーンテッドマンションだけ楽しんだらとっとと引き上げてしまいました。

 今回は昼食をここで食べました。きっとここがどこだかすぐにわかる人もいらっしゃるのではないかと思いますが(笑)

ブルーバイユ1
ブルーバイユ2


 ついでにシーにも行きましたが、帰る頃にはどちらも入場制限がかかってました。

パコ

 シーは当初から何度も来てますが、入場制限は初めてでした。まあ、いつも朝から来て、昼には帰ってしまうのであまり関係ありませんが(苦笑)

Category: 観光

妻の車嫌い

| EDIT

 実は、今自分が乗っている156は妻の車です(苦笑)

 もともと自分はセレスピードにはあまり興味が無かったのですが・・・というか164が欲しかったのですが、マニュアル車だと妻の足がなくなってしまうので、先を見起こしたぎりぎりの選択が156セレスピードだったわけでして・・・。

 ところが実際乗り始めてみると、ツボがわかるとセレスピードも結構面白いんです。峠道はあまり得意じゃないですが、高速をそこそこの速度で巡航するには最適です!そのためついつい自分が遊んでしまってます。

 しかし、もともとは妻の車嫌い、特にマニュアル車嫌いを克服してもらうのが目的だったんです・・・。
実は妻は免許取たての頃、義父のケンメリGTで練習していた(させられていた?)らしく、あまりの扱いずらさにマニュアル恐怖症と自動車嫌悪シンドロームに陥ってしまったようなんです(苦笑)

 自動車、特にアルファみたいな趣味車って、かわいい犬(デルタはいたずらが過ぎて身勝手なところもあるみたいだから猫?)のように思えて仕方ないんですが、そのよさというか、かわいさがなかなか理解してもらえなくて苦悩の日々が続いてます(汗)

 どなたか、よい処方箋出していただけませんか(苦笑)

Category: 日記

156のいたずら?

| EDIT

 先日からのベルトの鳴きの対策のために、この三連休で主治医のところまでまた行ってきました(苦笑)

 しかも、そんな時にまたバルブのトラブルが(汗)
 でも今度のは後ろのナンバープレート用バルブの接触不良で、たたくと直るという昭和のテレビみたいなトラブルです(笑)

 ベルトについて主治医に見てもらいましたが、根本的な解決は交換しかないとのこと。ただ、ベルトの性能が悪いとかでもないらしく、ある程度は部品の個体差で仕方ないことのようで、基本性能に問題があるわけではないので我慢できれば次の交換時期までこのまま様子を見てもいいとのこと。

 例のご紹介いただいたスプレーをかけて様子を見ることに相成りました。

 156はオートテンショナーという機構で常に一定のテンションに調整されているらしく、ちょっと古い車のように調整することが難しいとのことでした。でも、このスプレーが優れもので、あれから始動時の「キュルキュル」も最初の1分、「キュ・・・・・キュ・・・」程度になり、まずまず我慢できる程度に落ち着いてきました。

 それからそろそろスタッドレスも検討しなければならない時期になってきました。ミシュランかブリジストンがよいとのことでしたが、正直どちらがいいのかわかりません。ここはやはり塾長に教えを請うしかないでしょうか(笑)

Category: 156

今更ながら・・・、みちのく寄り合い

| EDIT

 みちのく寄り合いですが、やっと雑用も落ち着いてき遅ればせながら自分も整理したいと思います。今週はどたばたで風邪を引いてしまいました・・・(苦笑)

 今回、私は山形に住んでいながら何もしませんでした。本当にこ~んずさんと×竹さんには頭が上がりません。せめてレポートだけは・・・と思ったのですが、自宅のパソコンの問題で結局、これもこ~んずさんのお手を煩わせてしまいました。

 しかも取り留めのない文面で事務局の皆様にまでご迷惑をおかけしているのかもしれません(泣)

 もう皆さんがみちのく寄り合いについて書かれているので、自分はこ~んずさんと×竹さんの心遣いを裏から見たままにご報告いたします。

こ~んずさんの心遣い・・・ここでこ~んずさんと×竹さんの写真を出したいところですが、面が割れるといけませんので、こ~んずさんの愛車を(苦笑)
ぷじょーろめお

 このぷじょーろめおMi16、こ~んずさんが操ると絶叫マシーンになります。その片鱗をkobuさんとみやさんをお出迎えする途中で垣間見ました。ほとんどタイヤは鳴りっぱなし、それでも相当のマージンがあるようで、コース攻略ポイント解説付きの大サービスでした。

 ですが、正直、怖くて硬直してました(苦笑)今思えば、それもこ~んずさんのおもてなしだったのだと感謝しております。こ~んずさんは数週間にわたるコース設定から前日組への配慮、そして当日の気配りと、入会半年の自分にとっては本当に勉強になりました。

 ×竹さんの心遣い・・・これはもう先ずは写真ですね。

×竹さんの心遣い

 片時もカメラを離しません。すばらしい疾走シーンもさることながら、OCの皆さんの飾らない自然な姿を撮影していてくださっていて、家に帰ってからもう一度寄り合いを楽しませていただいてます(笑)
それに、さりげなくそつなくこ~んずさんのアシストをきっちりこなされてました。前日の予約状況から昼食と撮影準備、会計まで、本当に何もせず、すみませんでした(泣)

 それにしても自分にとってこの半年、この二人の存在が思った以上に大きくなってしまいました(苦笑)タイプは全く違いますが、とにかくいろいろな意味でしびれます(笑)

重鎮

Category: イベント

かわいいトラブル6

| EDIT

正直なところ、トラブルでもなんでもなくこれはただの調整なんですが、朝一番にエンジンをかける時だけ

「キュルキュル・・・キュル・・・キュル・・・キュ・・・」

と5分ほど音がするようになってきました。暖機運転中だけの症状なので最初はあまり気にしていませんでしたが、主治医の言葉を思い出し、

小さなことからこつこつと

主治医に相談してみました。すると、納車整備時に交換したベルトがゴム製品なので、ある程度走行してなじんでくると、若干緩くなる傾向にあるとのこと。

さらに、ここのところ外気温も一時よりも下がってきて、冷間時にはゴムは冷やされ硬化しているので、エンジン始動時に滑りやすくなってある程度エンジンが温まってくるとその温度でベルトも膨張し、隙間が少なくなり滑りずらくなってきて、鳴きが納まるといった状態のようです。

初期の段階なら、再調整することで完治するらしいのですが、そのまま走っていると、初期の鳴き時にベルトが滑ることでテンショナーとの接触面が削れ痩せてしまい、

交換が必要になってしまいます!!

次のオイル交換のついでに・・・なんて思ってましたが、早急に確認してもらわなければ(汗)
今週末も東京まで往復900kmのお散歩です(苦笑)

とりあえずしばらくはしっかり暖機運転して鳴きが納まってから走行をすることにしますが、この156、相当散歩好きらしく、週末の度にどこかに連れて行けとよく鳴きます(苦笑)

Category: 156

みちのく寄り合い

| EDIT

 昨日、今日とみちのく寄り合いでした。本当に皆さん、お疲れ様でした。

 こ~んずさん、〇竹さん、お疲れさまでした。ありがとうございました。何もできず、すみませんでした(汗)

 明日の早朝から青森に出張だというのに何も準備できてなくて、ちょっとあせってます。写真は出張から帰ったら更に追加するつもりですが、とりあえずご挨拶だけ先に。

 せめてレポートはと思いましたが、だめだったかもしれません(汗)

Category: イベント

ぱくってすみません(汗)

| EDIT

最初に、師匠IKEAさんごめんなさい!
ステッカー1
ステッカー2

こ~んずさんの命により、パクリました(爆)

では前夜祭に向けて、出発いたします(笑)

Category: 156
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。