ショップとの付き合い方

| EDIT

 我が家の156もあっという間に1年経ちました。12ヶ月の法定点検の時期です。

 折りしもショップに法定点検の予約をした直後にあぶQ2があり、そこで164のデザインと音に魅了され、完全にやられてしまった私は程度度外視で164の購入を焦ってしまいました。

 実は少しでも経費を浮かそうと12ヶ月の法定点検を受けるかどうかについて、かなり迷ってました。結局受けることにしましたが、いまだにそれが正解だったかはわかりません。

 その間、あぶQ参加者はじめ164オーナーズクラブの多くの方々に相談し、アドバイスいただきました。皆さんから貴重なアドバイスをいただき、本当に感謝いたしております。意見の違いはあっても真剣に相談にのってもらえるのは、このオーナーズクラブの最大の魅力だと思います。

 迷いながらも法定点検を受けるに至ったのは主に二つの理由からです。

 ①法定点検であること
 罰則規定がないにしても、万が一事故になった時、過失割合の算定なんぞで余計なエネルギーを使いたくない。リスクマネージメントの一つ、あるいは免罪符と言ってもいいかもれませんが、あくまで精神衛生上の問題としてです。

 ②車の状態をリセットするため
 こちらの方が理由としては大きかったと思います。この辺はショップによって考え方も違うだろうし、オーナーによっても「中古車」に求めるものが違うと思うので、あくまで個人的な判断です。とにかくショップに法定点検の必要性を説明してもらいました。まだ車の基本的なこともよくわかっていないので理解不十分かも知れませんが、自分なりに整理するとこうでした。

 私がお世話になっているロッソ・コルサでは中古車を販売する時、最初に徹底的な整備をして可能な限り新車の状態に近づけ、その状態をオーナーに感覚として覚てもらうことが重要だと考えているようです。オーナーがその車の本来の走りを理解すると、その後の状態変化に気付き安くなるとのこと。その意味でも車をいい状態に持っていくタイミングが年に一回くらい必要なのだと。

 また、構成するパーツの劣化のタイミングを一度リセットして揃えることで、はじめてその部品の集合体に本来の仕事をさせられるようになるようです。集合体としてまとめて交換せず、故障した部品だけ交換すると、それまでへたりながらもなんとかお互いにバランスしていた部品の集合体に一つだけ新しい部品が入り、交換した新しい部品が頑張る分だけ他の弱った部品にストレスがかかり一気に寿命を縮める上に、折角交換した新しい部品もそれに足を取られ本来の性能が発揮できないとのこと。

 ちょうど今月のティーポにクイック・トレーディングのリセットカーの記事があったので、この点は素直に納得できました。ただ、そのまとめて交換する範囲がどこまでかというのがよくわかりません。過剰な部品交換はオーナーに余計な負担を強いることになるし、その辺の判断基準がわからないので、そこは点検が終わって納車される時にもう一度じっくり説明を聞かなければならないと思ってます(汗)もちろん、追加整備が発生するときも事前に内容と金額を知らせてもらうことになってます。

 話は戻りますが、さらにオーナーの部品管理の目安としても定期的なリセットは好ましいものなので、一年点検はいい機会だとのこと。

 それからちょっと耳の痛いお説教もありました。自分も一度軽くお願いしてしまって怒られましたが、オイル交換した時に「ついでに下回りもちょっと見といて。」と言ってしまうのはメカニックにしてみれば大変失礼な話で、「ただで見ろ、でも何かあったら責任は取れよ。」と言っているようなものだと。オイル交換する時には、その間の空き時間で下回りの見える範囲をチェックするくらいは言われなくてもメカニックなら当然のこととしてしているらしく、「そろそろ~がへたってるよ。」くらいは声かけしているとのことですが、だからといってそれをもって「ちょっと見たから大丈夫。」とはプロとしては言えない、じっくりみなければ確認できないところもあるし片手間ですませられる話ではないとのこと。

 ショップは車の安全と楽しさを提供し、「見た」以上はその点検箇所に責任を負う。オーナーはそれに見合った対価を支払う、それが信頼関係の基礎だということです。言われてみれば至極当然の話なのですが、「スペシャルショップなんだから・・・」という甘えが自分の中にあったのは確かです。今回の一件でショップとの付き合い方も少しだけわかったように思います。

 思えば私の156も年式の割に相当しっかりしていて、この一年、充実したアルファ・ロメオのある生活を過ごせました。そしてこの一年の間にマイナートラブルで交換した部品については、その後に不具合があっても最初の工賃以外、全て無償で対応してもらっています。だから、ここまでの説明に嘘はないと素直に納得できました。

 ただ、これは私の主治医に限ったことではないのかも知れませんが一年点検に関するその辺の説明をあえてしないところもあるのではないでしょうか?

 客が、メカニックが「見る」ことによって工賃が発生することを納得し、ショップとの信頼関係が築けるようになるまでは、「見る」ことの重要性が客には理解できていないし、整備を任されるショップとしてはそれでも「見た」責任を負わねばならない。だから定期点検として客の車を預かり、法定点検の工賃で法定の点検項目を「見る」のに合わせて、その車種、個体毎のウィークポイントも含めてこのタイミングで全て見てしまわないと「見る」ことにより発生する工賃を客に正当に請求できるタイミングがないのではないでしょうか。

 結果的には法定以外のところまで点検してもらってお得な工賃になっているのにそれを切々と説いても理解できない客は逃げてしまうでしょうし、ショップとしても話して理解できる客かどうか半信半疑で付き合い始めているのかもしれません。

 この傾向は特に私のような本来の整備作業の意味を履き違えてしまっている国産車ユーザー上がりの中古外車一年生に多いのではないでしょうか?これまで面倒見てくれた国産車ディーラー並みの扱いをされて当たり前、今まで払ったこともない「見る」工賃に納得できず、ショップを転々とし、いくつか経験してはじめて誠実なサービスには正当な対価が必要なことを理解できるのかもしれません。

 ただ、不誠実なサービスにその勝手にされた作業行程に見合う対価を要求するショップもあるようで、その辺に客とショップのすれ違いを生む原因があるのかも知れないと思いました。

 ヨーロッパやアメリカなどに比べるとドライバーのメンテナンスに関する安全意識が日本は低いのも原因かも知れませんし、外車だからとふっかける業者も考え物です。

 ところで、じゃあ、マメにメンテナンスをしているドライバーならどうか?ロッソ・コルサの社長の話では、マメにメンテナンスしている人の中にもその内容にばらつきがあるようです。「確かにあなたには一年の法定点検は必要ない。」という人もいれば、誤解したメンテナンスで本来の味わいを崩してしまっている人もいる。

 人間ドックと同じで、日頃から健康管理はしつつ、年一回は悪いところがないことはわかっていつつも定期点検を受けるというスタンスが理想的とのこと。

 まだまだロッソ・コルサの社長の説明に全てが納得できたわけではありません。作業の見積もりが最大で8万円程度という根拠もよくわかりません。

 でも、このショップが誠実な仕事をしていることはこの一年でよくわかりました。オイルの温度管理一つとっても、そこまで考えてこの銘柄のこの粘度なのか、とか、だから3,000回転以上をキープの掟があるのか、とか目からウロコな話ばかりでした。

 別に、ロッソ・コルサの宣伝をするつもりはないし、納得できなければできないことをここにもどんどん書くつもりですが、ショップにはいやがられるかも知れませんが納得できるまでいろいろ聞きながら、これからもここを主治医として付き合って行こうと思うに至りました。

 そして、とうとうとんでもないお願いもしてしまったんですが、それは次に書きます。はぁ・・・勢いでとうとう頼んじまった(苦笑)

スポンサーサイト
Category: ショップ

あぶないQV連絡会 その2

| EDIT

 あぶQ2日目の朝は二日酔いからスタート(苦笑)
 そんな中、特に二日酔いのひどい×竹さんが給食担当の責務を果たして冷やし狸うどんを作ってくれました。

あぶQ2朝食1
あぶQ2朝食2
 朝食を写す×竹さんを写すk氏を写す私(笑)

 食事の後は164のエンジンを見ながら構造についての座学の時間です。

 156に比べると構造が理解しやすい、というかタイミングベルトが完全にカバーで隠れてなかったり、デストリビューターがしっかりあったりして、違うもんだなーと実感しました。こればっかりは実際にエンジンを見ながらでないと意味がないことがよくわかりました。

座学その1
座学その2
座学その3
座学その4
座学その5
座学その6
 どこに何があるのかわかってきて、初めて全体で一つの仕事をしていることに納得できました(笑)

 そしてこの2日間にy氏と二人のk氏からいただいたアドバイスが自分にとって今回のあぶQ2最大のポイントだったのかも知れません。

「164はもはや市場価値のない車。どんなに整備や内外装にお金を注ぎ込んでも市場に出る時の車体の価値は0。後は自己満足の世界。逆に言うと、走る、曲がる、止まるができれば後は気にしないくらいに割りきって乗っていれば維持できる。2~3百万じゃすぐに買いますとはいかないけど、2~30万あればとりあえずは買えちゃう。それくらいならなんとかできるはず。だから気になる個体があったなら買ってしまえ、車検が切れてたらそのまま1/1モデルにして車庫に飾っておいてもいい。金ができたら直せばいいし、とにかく買って置いておけばそれ以上車がヤレることはない。動かさないことによる劣化は後からでもなんとかなるし、実際には買ってしまえばオーナーズクラブの連携で部品もなんとかなるし、維持できちゃうもんだ。」というもの。

 これには正直ぐらぐらきました。前日のy氏のQVでメロメロになってましたからなおさらです。後は金策。とは言え足車は必要だし、156もきっちり惚れてしまっているので、いまさら手放す気になれません(苦笑)

 しかも今週末は1年点検。これについても悩みはあったのですが、これも後日整理するとして(汗)

 とにかく目先の経費を捻出した後、どうするか考えることにしました。

 さて、座学も終わって名残惜しいがレイクランドヒバラともお別れです。

 せっかくk氏が名古屋から来て下さっていることもあり、ここは山形名物のお釜に行くことにしました。

 途中、昭和の雰囲気満点のドライブインで食事をして、お釜に到着です。

お釜の駐車場
お釜

 その後は駐車場に陣取り試乗会パート2開始。k氏の164はマイルドそのもの。そして、はじめはギクシャクしながら乗ってましたがだんだん楽しくなってきました。大きいはずの車体があまり気にならなくなってきて、ついついアクセルを踏みたくなってしまいます。とはいえ、ブレーキがなんとなく心もとなく踏みたいような怖いようなジレンマです(苦笑)

夢のツガイ2

 164を私が試乗した後は、×竹さんが156を試乗することになりました。どうも×竹さんは156が気になっているようです。運転しながら「これもやっぱりアルファだ~っ。」としきりに言ってました。

 ただ、ビルシュタインのダンパーと今のタイヤの組み合わせには不満があるようです(苦笑)

 ひとしきり試乗会を行って流れ解散となりました。

 今回のあぶQ2では、とにかく164という車の魅力が大分現実的にわかってきました。本当に皆さんに感謝するばかりです。

 で、買うの?って質問はしないでください。「欲しがりません、買うまでは。」ですので(笑)

Category: イベント

あぶないQV連絡会2 その1

| EDIT

 6月27、28日の土日に、あぶないQV連絡会2にレイクランドヒバラまで行ってまいりました。

 福島、桧原湖近くのセブンイレブンでk氏、y氏と待ち合わせ、×竹氏は買い出ししつつレイクランドヒバラに直行です。合流後はレイクランドヒバラへ移動し、いよいよ’あぶQ2’、スタートです(笑)

レイクランドヒバラ3

 先ずは昼食を・・・と蕎麦屋を探して出発することになりました。私はy氏の横に乗せてもらいました。相変わらずの爆音仕様(失礼)ですが、車内にいるとそれほどではなく、トンネルではいい音を響かせます。

 走り出して大分たったものの、なかなか蕎麦屋に着きません。そろそろ喜多方か・・・というところで先行する×竹氏が蕎麦屋を発見。一見普通の農家って感じです。

 店仕舞いぎりぎりの到着でしたが、快く座敷に通してくれました。蕎麦ができるまで、きゅうりといんげんを出してもらいましたが、これがうまい!しかし、蕎麦を食べる時にまで店の人に横で薀蓄語られるのはどうも・・・(苦笑)

 蕎麦屋からレイクランドヒバラまでは、y氏の愛機を運転させていただきました。初QV、その前に初左ハンドル、そして1年ぶりのMT、もう心臓はバクバクもんです(汗)

 動き始めるまで、正直違和感がありました。クラッチの感覚がアルテツァとはかなり違った感触です。クラッチも若干重め、シフトもちょっと渋い感じがしました。

 車線の中に車をキープするのに冷や汗をかいていましたが、だんだん面白くなってきました。トンネルでアクセルを開けたくなるのは仕方ないでしょう(苦笑)

 試乗しつつレイクランドヒバラに到着。ここからいよいよスカイバレーに向かいます。しかし、スカイバレーを私の腕で運転するなど危険きわまりないので、今度はもう一台のk氏の164QVの助手席にのせて頂きました。同じ164QVでもセッティングの違いでかなり印象が変わることがわかりました。k氏のQVはかなりマイルド、でもしっかりいい音してます。これがオリジナルに近い味わいなのだとか。第一印象は上質なサルーンと言った感じです。

 お二人のQVに対するアプローチの違いは大変参考になりました。詳しいことはまた改めて整理することとして・・・。

 スカイバレーでは先ず405から二台のQVの走る姿を撮影。×竹氏の撮影にかける捨て身のプロ根性(?)と武闘派k氏の普段の走りからは考えられない水のこぼれないドライビングで素晴らしい映像をものにして行きます。

スカイバレー撮影
スカイバレー頂上

 そして、その後で405とユーロR、164で交代しながら上りと下りを試乗しつつ楽しみむことになりました。私は×竹氏のドライブする405の助手席に乗り、先行します。対するはユーロR、こちらはかなり後からスタートしたはずです。

 しかし登りの半分辺りで遅い車に手を焼いているうちにユーロRの姿がバックミラーに写り始めます。地元の意地にかけても負けられないと焦る×竹さんは痛恨のシフトミス・・・(あっ、書かない約束だった)。完全に追い付かれた×竹さんはとうとう姑息な?手段に出ます(笑)

×竹さん

 スカイバレー頂上少し手前の駐車スペースで車を停め、ドライバー交代をするかに見せかけて、ユーロRも交代しかかったところをすかさずダウンヒル開始です。これで交代分のマージンを稼いだかと思いきや、ユーロRもそのまま追いかけてきます。結果は最後まで振り切れませんでしたが、そのドライバーがこういちさんと知って二度びっくり。普段、物腰やわらかくジェントルな雰囲気のk氏があれほど攻め込んでくるとは!?

 この際、速い遅いだけだったらユーロRは絶対的に速いですが、その基準だけで比較するのもどうかと思うくらいラテン車は対照的な車たちです。まあ、その話もおいておくとして。

 ひとしきり楽しんだところで、y氏が埼玉に帰る時間になってしまいました。本当に勉強になりました。ありがとうございました(笑)

164 y号

 こうしてスカイバレーを堪能した後は汗もかいたことだし、猫魔ホテルの温泉に行きました。ここはミッレミリアの中継地点にもなるホテルだとか。至福の一時を過ごした後はいよいよバーベキューです!

saito.jpg

 k氏の差し入れの牛のたたきとスモークサーモンは絶品でした(笑)それにしても、すごいボリュームです。そしてさらにBBQもですから、さすがに大の男が四人がかりでもさすがに食べ切れませんので、お隣さんにおすそ分けです(笑)
 それにしてもランタンを忘れてしまい、暗いサイトになってしまいました(苦笑)

明かりが欲しい

 食事の後はトレーラーハウスの中で今日撮影した映像の試写会と車のことや次のクラブイベントのことなど、とりとめのない話がつきません。そのうち一人ずつ眠っていき、最後まで起きていたのはK・Kコンビ(?)。その私も半分意識は飛んでましたが(爆)

トレーラーハウスへ1
トレーラーハウス2

 ここでもう一つ借りた別のトレーラーハウスにK・Kコンビは移動。ここで、k氏がなにやらギターを取り出します。と、そのギターは名器’ギブソン’です。k氏の多彩さに脱帽です。しかし、私はあまり局をしらず、とっさにはなかなかリクエストできないままそろそろ寝ようかということになってしまいました。今思えばあれを弾いてもらえばよかったと思う曲がいくつもあるのですが(苦笑)

 いずれにしても、こうして充実した第一日目が終わりました。

Category: イベント

早朝散歩

| EDIT

 日曜日に参加したマラソン大会の筋肉痛がまだ残っており、日課(といっても週3回程度ですが)のジョギングをキャンセルして久しぶりの早朝ドライブです(笑)

 さすがに平日の早朝は車も少なく、こっちは山に囲まれているだけにワインディングも近くてちょい乗りドライブには最適です。

 が、乗り込もうとしたとき、塗装に異常な白濁を発見してしまいました。後輪のタイヤハウスの前の一部分だけ妙に塗装が白濁してます(涙)

白濁

 この部分だけなら大したことないかもしれませんが、まだまだ同じような部分が出てくる可能性もあり、ここだけ塗りなおすか、あえて手を付けずにオールペンまで待つか・・・。でも、そもそもそんな金なんてないぞっ!?てな感じのちょっと悩ましい朝です(涙)

 いっそ156にこだわらずに164に乗り換えるべきか、なんて薄情な欲望もわいてきてしばらくもんもんとしそうです(爆)

 今週末はいよいよあぶQ、来週末には一年点検ですから、その辺もみなさんにアドバイスいただこうと思います(笑)

Category: 日記

洗車と予習

| EDIT

 ヒントをいただき、さらに勉強中(苦笑)

 サーモスタットはこの奥の卵のようなふくらみのあるところでしょうか?

これかな?

 なんか違うような・・・、やっぱり間違っているかもしれません。もうちょっと勉強せねば(涙)

 それにしても以前も書きましたが、あちこちの樹脂がひび割れてます(苦笑)

 よく、エンジンルーム内の部品全てを常にピカピカにしてある車がありますが、実際にはなかなかそこまでできないですよね!?下手に洗ったりトラブルもないのに手を入れないほうがいい、なんて話も聞きますが、どうなんでしょうか・・・。

 勉強ついでに洗車しましたが、飛び石の疵がさらに増えてしまってます(涙)これはいずれオールペンしかないか・・・?でもその金があったらあぶないQVが買えるかも(爆)

洗車後

 携帯のカメラ機能では解像度が低くて疵なんて見えないし、見えないものはなかったことに・・・(笑)

 なお、このあとしっかり雨が降ったのは言うまでもありません(爆)

 そして雨の中、実は寒河江のマラソン大会に行ってきました。参加したのは5Kmの部。ちなみに大会の名前は「寒河江さくらんぼマラソン」。

 この辺はさくらんぼの産地。こんな木が普通に市の体育館の駐車場にいくつもあって、誰でも勝手に食べ放題状態。

公園のさくらんぼ


 しかし、どうもこちらの人はさくらんぼなんて珍しくないようで、たまに一人二人がつまんでいる程度。自分なんかさくらんぼがどんな風に枝から生っているのかも知らなかったと言うのに(苦笑)

 当然参加賞もさくらんぼ。成績はそもそも気にしてません。完走するだけで精一杯、というか、完走が目標だったので(苦笑)

参加賞

 しかし、終わってみるとやはり悔しい。9月までにあと5kgは体重を絞り込んで、30分は切りたいところ。 

Category: 156

あぶQ前の予習?

| EDIT

 ’あぶQ2’を前に、宿題が出てしまったので、156で基本の基本から勉強のしなおしです(苦笑)

 とりあえず、エンジンルーム内の配置から。

エンジンルーム(配置)

 ここまでは間違えてないと思うんですが・・・。エアフロメーターなんて、恥ずかしながら最近まで知りませんでした(爆)

 そして、お騒がせした冷却水リザーブタンク。

冷却水リザーブタンク

 ここからは未知の領域でして・・・これはACコンプレッサーでいいのでしょうか?

ACコンプレッサー

 タイミングベルトの外側についていて、エンジンを始動する度に暖気が完了するまで「キュルキュル」と鳴き続けるこのベルトの正式名称もわからないのですが、おそらくこのベルトがエアコンを動かしているはず・・・!?

 ウォーターポンプやダイナモを動かしているのはタイミングベルトでいいのでしょうか?そういえばその発電機もどこにあるのかよくわからないし・・・。
 
 まだ宿題のサーモスタットとディストリビューターとインジェクターがわかりません(爆)

Category: 156

蕎麦と最上川下り

| EDIT

久しぶりに蕎麦食い日記です(笑)

 山形の蕎麦はどこで食べても確実に東京の蕎麦よりうまいと思います。もちろん東京だってうまい蕎麦屋はあると思いますが、コストパフォーマンスで言ったらそれは圧倒的な差があると思います。

 その中でもあらきそばは板蕎麦発祥の地として一度は行って見たかった蕎麦屋の一つです。

 と、その前に前回ふもとまで行きながら結局登らなかった山寺へ(苦笑)

山寺2
 このくぼみが菩薩に見える人にはいいことがあるとか・・・。

山寺5
 ここは山形といえば誰もが思い浮かべる風景の一つではないでしょうか。


 細かいことはともかくとして、1017段あったかどうかわからないうちに頂上へ。感覚的にはビリーズブートキャンプ基本編1回分くらいの汗をかきました(爆) 

 お腹を空かせたところでいよいよあらき蕎麦へ。ここは村山市大久保、山形県の顔の形の中で言うと耳のあたりでしょうか。
あらきそば1

 到着したのはは正午前というタイミングで、すでに満席。入り口の畳部屋も8組くらいが既に待っている状態で、さすがに全国的にも有名な蕎麦屋であることを実感することになりました(苦笑)

あらきそば2

 待つこと30分ちょっと、ようやく席に着くものの、お品書きのようなものがあるわけでもなく、壁に暖簾のようなもので「うすもり」「いなかもり」と書いてあるだけ。

 とりあえずお店の方に「いなかもり」を注文したところ、お店の方にはじめてだったら中もりがあるからそれにしておいて、食べられたら次から田舎もりにしたほうがいい、と言われてしまいました。

あらきそば3

 お店の方の言うことには素直に従うことをお勧めします(爆)それとここは鰊の煮付けも有名で、これと蕨もセットで注文しました。

あらきそば4
 見た目、ペッパーまみれの牛タンみたいでなんだこれ?と言う感じですが、食べるとおいしい鰊の煮付けです(笑)

 ここもいわゆる田舎そばですが、蕎麦の風味がしっかりあって、山形の「ざいごくさい」蕎麦が好きな方にはお勧めです。

 そして、腹ごなし?に最上峡の川下り(笑)

 時間の関係から義経ロマン観光なる短いコースでしたが、なかなか充実した休日でした。

 それにしても、あぶQ2を前に今月はおとなしくしていようと思ったのに、すでに1,000km逝ってしまいました(苦笑)

Category: 日記

あぶQ前にちょっと整理(2)

| EDIT

あぶQ前に164QVをもっとよく知るための予習その2(苦笑)

<バルブシート> ?


<イグニッションスイッチ> ?


<イグニッションコイル>
点火コイル。点火信号を発生させる装置。

<ディストリビューター>
通称デスビ。自動車のエンジンを点火させるには、バッテリーからの電力を高圧にして分配しなければならないが、そのイグニッションコイルによって増圧された電気を各気筒のスパークプラグに分配する分配器

<ハイテンションコード>?

<カプラー>
コネクターの別名。電子回路において配線を接続するために用いられる部品・器具のこと。

<バルブガイド> ?


 ?


<ヒーターコアホース> ?


<エアフロスリーブ> ?

<エンジンマウント> ?


<ヒーターコア> ?


 ?

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。