部品はナマモノ?

| EDIT

 納車前整備で右前足をバラされた164Q4ですが、Q4を取り巻く状況はまだ意外に良さそうです(笑)

 最初はいきなりビスコマティック本体のトラブルで部品取り車もセットで2台お買い上げコースか・・・なんて不安もよぎりましたが、ビスコマティック自体はかなり頑丈らしく、また前オーナーも相当丁寧な取り扱いをされてきたこともあって、ビスコマティックがそう簡単に逝くことはなさそうです。

 問題はサスペンションにあるようですが、ここで疑問になったのは前オーナーが交換したばかりとおっしゃっているのに何故システムにエラーが出ているのかということです。

 これはどうも『新品』と言うのが誤解の元のようです。164は最終モデルの生産終了からでもすでに10年以上経ってます。ということは当時『新品』だった部品も今では『新古品』と言うべきで、部品屋さんの棚に眠ってたというのが実態です。

 サスペンションそのものの機能に経年劣化は少ないと思いますが、問題はセンサーです。Q4のサスペンションにはセンサーが付いていてビスコマティックに情報を送っているらしいのですが、コイツの耐久性がイマイチのようです。

 加えて部品の精度自体があまりよろしくなく、当たり外れがかなりあるようで、たとえ今、正常に動いていても、このセンサーばかりはいつ逝ってしまうかわからないみたいです。だから交換して間もないのにエラーが出るわけなんですね(汗)

 困ったことにこのサスペンションは完全に追加生産の可能性すら絶たれており、完璧な状態を求めるならもはや世界中のデッドストックの中から具合の良さそうなものを持ってきて付けてみるしかないようです。

 アルファ・デポの坂野社長は「できるだけいい状態で納車したい。」とおっしゃってくださって、その完璧な状態を求めて海外から「新品」のサスペンションを手配して下さったのですが、届くまでハード固定でしばらく乗っていて欲しいとのこと。

 自分としてはハード固定の現状でもすでにすこぶる良い状態だと思っているところなので、坂野社長にそこまでこだわって頂いてかえって恐縮してる次第です。

 164使いの先輩からも「固めのサスにしたと思えば?」というアドバイスをいただいて妙に納得してましたし(笑)

 確かに156ではビルシュタインにしてましたし、自分の使い方は高速巡航がほとんどだから硬めの足でもそう問題なさそうです。そう思うと予備のサスペンションまで調達していただいてしまったみたいで、なんだか得した気分になってしまいました(爆)

 そもそもどんなルートでサスペンションを調達してきたのだろうと、そっちにも興味がわいてしまいました(苦笑)

 Q4と言えど、まだまだあるところにはストックパーツがあるようです。ちょっと安堵しました。

 とりあえずばらされた足回りを組みなおしたら、油脂類を交換して坂野社長御自ら納車してくださるとまでおっしゃってくださいました(感涙)

 もうありがたくて坂野社長には足を向けて眠れません。いよいよもうすぐ164Q4との蜜月(?)が始まります。どんな歓喜と悲鳴の日々が待っているのか、楽しみで仕方ありません(爆)

 そういえば、今朝のカーグラフィックTVで昔のジャイア一気乗りをやってて、Q4がちょっとだけ出てて妙に嬉しかったな(笑)

 MOTUL 8100X-cess(5W-40)、買い置きしとかなくちゃ(爆)

今日の体重
78.0kg、35.3%

スポンサーサイト
Category: 未分類

冬の山形

| EDIT

 先週は米沢の雪燈篭祭りでした。初めてなのでちょっと見に行ってみました。と言っても昼間に行ってしまったので、まだ製作中の燈篭もあったりして。本当は夕方からが本番なんですね(苦笑)

米沢雪祭り

 屋台も準備中なので、米沢だけに焼肉食べて、蔵王の樹氷も見に行きました。

蔵王1

 スキーもスノボもできないのでただただロープウェーで登るばかり。 

蔵王2

 頂上は吹雪いていて写真を撮るような状況ではなく・・・。大体、森の中すり抜けて下っていく人が何人かいましたが、あれって滑走禁止区域じゃないのか?まあ、自己責任ですけど。

 そんなこんなで山形駅前が暖かく感じる週末でした。


 でもって164Q4はまだディーラーでの修理が完了してません。テスターでの診断と各部の確認作業を進めていった結果、ビスコマチックのメインコンピューターやコントロールリレーなどには異常は認められず、右フロント足回り付近の電気的なエラーが原因らしいと言う事までは確認できたそうです。

 現在も引き続き原因の特定と対策を模索中です。

 そういえば、Q4のサスペンションって、純正しか使えなくて、それももう新品の部品は全くなかったようなことを聞きました。

 となると、スペアパーツはどうやって調達したらいいんだろう?早速、部品探しの日々が始まるのか・・・?

 Q4乗りの諸先輩方に近いうちご相談してみなくては・・・(汗)


今日の体重
79.2kg、30.2%

Category: 日記

未だコミット中・・・

| EDIT

 ご縁があって164Q4を先に購入することになりましたが、164購入のためのコミットは継続中です。アルファ・ロメオに乗るなら自分自身の内面も磨いて高めていかなくては。それは156購入時から変わらず思っていたことですが、ここ数日はまた停滞ぎみ。

 先ずは体重63kg、TOEIC700。これを維持することが164Q4を維持し続ける上での最低限のターゲットでしょうか。といってもどちらも道半ばなので、今は数値が前回より少しでも向上していればよしとすることにします(笑)

 もっとコミットしたいことはいろいろありますが、ここは慌てず、現在のコミット達成を急いで、正確に進みます。車のことももっと勉強しなくては・・・。まあ、これはいやでもQ4が教えてくれるかな(爆)

 仕事がきついときにも「164を飼うためなら・・・」なんて妙に気合が入ったりして勇気が沸いてくるのもアルファ・ロメオの魅力じゃないでしょうか。これから164との生活が始まると思うとなんだか勇気がわいてきます。

 で、そのQ4ですが、ビスコマティックのオイタでアレーゼ武蔵野に入院中です。
 アレーゼ武蔵野も164なんて経験ないらしく、Q4のビスコマティックのテストにメカニックさんも手を妬いているようです(汗)

 この世知辛いご時世、手のかかる車を直してもらえるだけで感謝感激ですので、じっくりと納車を待つことにします。やっぱり待ち遠しい(笑)


今日の体重
79.1kg、29.5%


Category: メタボ対策

164Q4と付き合うための基本の確認・・・

| EDIT

 昨日、156TSを引き取っていただきました。
 
 1年半でしたが、いろいろなことを教えてくれた車でした。車の構造についてだけでなく、たくさんの人とも出会わせてくれました。

お別れ

お別れ1

 この固体は、ボディ剛性もしっかり残っていて、悪名高い初期型セレスピードでしたが、ロッソ・コルサさんからのアドバイスは的確で、これを守ってシティモードを封印している限り、普通のMTと遜色ない耐久性があることもわかりました。

 そして、中古のイタリア車でも最初に必要なところにきっちり手を入れておけば全く問題なく乗れることを体感させてくれました。レザーシートに換装したり、サスペンションをビルシュタインにしてみたりと、好みに合わせていただいて、これからもちょっとずついじっていくつもりでしたが、唐突にお別れすることになりました。

 さて、164Q4、納車はまだ先になりそうですが、その前に基本をおさらいしてみました。

①スタート前にエンジン、パワステ、ブレーキ、クーラントの残量チェックすること
②キーを一段ひねったら各ランプが消えるまで待ってからエンジンスタートすること
③水温が上がって安定するまで走り出さずに暖気運転すること
④ミッションやデフなどのギヤオイルが温まるまで、走り出し直後はおとなしめの運転をすること
⑤ステアリングは据え切り操作しないこと
⑥ステアリングはロックするまで回さないこと
⑦完全に制止するまでバックギアには入れないこと
⑧給油は機械で止まるところまでにすること
⑨完調な状態の運転感覚を覚えておいて、異変、異音、異臭があったら速やかにプロに相談すること(これができるようになったらアルフィスタの仲間入りなんでしょうが、現実は難しいかも・・・)

 以上の9点ですが、アルファ・デポの坂野社長からは164Q4だからといって気負わず、まずは肩の力を抜いて気を楽にして大きな気持ちで164が身近にある生活を楽しむ方がいいと、アドバイスいただきました。確かに510さんや坂野社長のおっしゃるとおり、アルファは乗ってナンボですね(笑)
 
 ちょっと古めのクルマ全般に言える注意事項として停止状態からの急発進や、無用な急ハンドル急ブレーキなど『急』の付く動作は避けるようにします。

 坂野社長に納車時にエンジンルーム内の自分でチェックできる油脂類の見方を説明していただけることになりました。

 アルファ・デポの坂野社長は本当にいい方なので、これで164Q4と心置きなく付き合えそうです(笑)


今日の体重
79.1kg、32.7%

Category: 未分類

1週間たって、ちょっと冷静に・・・?

| EDIT

 先日のアルファ・デポでの衝動買いが未だに信じられません(爆)

 164Q4の購入を決めたこの1週間、オーナーズクラブの皆さんのブログを真剣に(苦笑)読み直して、今更ながら青くなってました(汗)皆さん、さらっと書いてますが、結構な地獄っぷり。しがないサラリーマンの自分に維持できるのか・・・?

 でも、ここまできたらとにかくできることをやるしかない。前オーナーのsatoshiさんをはじめとする164オーナーズクラブの諸先輩方、そしてそんな164に惚れこんでしまったオーナーをバックアップしてくださる数少ないプロショップの方々の存在が本当に心強い限りです。

 さあ、ハレて憧れていた164、しかもなぜかQ4(苦笑)

 この土曜日は冷たい強風でしたが、その中、北春日部のアルファ・デポへ。先週は舞い上がってしまっていて、とても冷静に見られませんでしたが今日こそじっくり対面です(爆)

憧れのQ4その6

 写真ではわかりにくいと思いますが、本当にきれいなんです。それも使い込まれた自然な雰囲気で・・・。

憧れのQ4その3

憧れのQ4その4

憧れのQ4その2

 写真を撮るのもそこそこに契約手続き。

 やはりハードに固定されたサスペンションには一抹の不安を覚えながらも、ビスコマティックのリセットでも回復しなかったら、案外、以前こ~んずさんが言っていた接触不良の可能性もありうるので、そこもチェックしようと思います。

 それにしても、そのビスコマティックのリセット一つ取ってもクイックトレーディングさんのテスターを使い、アレーゼ武蔵野のソフトを借りて行わなければならないとのこと。本当に皆さんおお世話になって走り続けていくわけなんだなと、実感しました。

 まだまだ納車は先になりそうですが、それまでに自分ももっと164という車を知らなくては・・・(汗)

Category: 164
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。