さよなら、山形

| EDIT

 山形で最後の更新です。

山形とお別れ


 しばらくパソコンを外してしまうので、次は長崎で落ち着いてからになるでしょうか。

 山形はアルファ・ロメオに触れて、164Q4まで購入してしまったいろいろと思い出のあるところになりました。

 ここにはまた来たいと思います。山形メンバーのこ~んずさん、×竹さん、名古屋から何度も足を運んで下さったkouichiさん、今も寄り合いにお声がけいただいたり164の細かい注意点やアドバイスを定期的にくださるyossuieさん、あぶQでは本当にありがとうございました。

 とりあえず長崎に行きますが、お付き合いの方は引き続きよろしくお願いいたします。

 164Q4の方は、細かいことはいろいろありますが、引越しや仕事のドタバタで何もできないので落ち着いてからやっていこうと思います。もうしばらく東京でメンテナンスです。

 その辺はまた後のど・・・。

スポンサーサイト
Category: 日記

やっちまった(汗)

| EDIT

 引っ越し前のドタバタの合間に、サーモスタット交換がてら東京に戻り、異動先へのチケット購入に吉祥寺駅近くの駐車場に車を止めようとしてやっちまいました(泣)

擦った直後のバンパー

 ここは全体的に狭くて駐車が難しいところなのですが、大丈夫だろうと甘く見たのがまずかった。鼻先の取り回しはなんとか慣れたものの、バックの感覚はまだまだでした。でも、こびりついた塗料を落せば傷はそれほどでもなさそうなので、不幸中の幸いというところでしょうか(汗)


 かなり落ち込みましたが、経験から言ってまだまだ慣れるまでにさらに擦ってしまうでしょう。ガラスコートはしばらく先送りしてこの車に慣れてもう擦らないと確信してから塗装し直した上でガラスコートすることにします。ここはとりあえず師匠のブログで勉強してDIYで急場をしのぐことにしましょうか。
 
 そしてこの写真でもうバレバレですが、ボディは黄砂と先日の雨でどろどろです。と言って洗車している余裕はない。でも、このままではカッチョ悪い。

 そこで、良く行くガソリンスタンドで洗車をしてもらおうと思うのですが、心配なのでチェックポイント集を作ってみました。

チェックポイント集

 これは前オーナーも作っていたのですが、横座りされたことをコメントいただいたので、気になることは全部書き足して、かなりうるさいことになってます(爆)

 自分がよく使う近所のJOMOは、営業時間は短いものの、他のガソリンスタンドより丁寧に作業してくれる(ような気がする)し、その中でも茶髪のおねーちゃんが一生懸命やってくれるのでかなり好印象です。

 このおねーちゃんにチェックポイントを覚えてもらって、東京に車がある間はこの人に任せようかな・・・と。体重も軽そうだし、シートへの負荷も自分よりははるかに少ないでしょう(苦笑)

 近くに洗車専門店もあるんですが、いつも渋滞しているのでそっちはそのうち試してみることにします。 

 そして水温の方ですが、やはりこ~んずさんの指摘の通り、サーモスタットが常に半開き状態だったらしく、アルファ・デポの坂野社長に30分ちょっとでチョイチョイっと交換していただきました。そういえば、エア抜きのやり方、教えていただくのを忘れました。まあ、自分ではやらないと思いますが(苦笑)

サーモスタット交換

 真鍮のネジがバカになったらしく、代用品で応急処置中とのこと。これもサスペンションとあわせて後日交換となりました。

 でもって、とりあえずアルファ・デポを後にしようと思ったのですが・・・、気になるアイツが鎮座してまして(苦笑)。 

Category: 164

あぁあ~~長崎は~~♪

| EDIT

 え~、いきなり長崎になりました(汗)

 最初に心に浮かんだのは

「ショップがあるのか!?」

です(苦笑)

 ディープなイタリアン趣味車に強いショップって、長崎にあるんでしょうか?いや、そんなに日本だって捨てたもんじゃないはず!絶対にコテコテ趣味満載ショップが九州にだってあるはずだ。この際、100km圏内くらいなら他県でも足を伸ばします。

 いい店教えてください~(泣)

今日の体重
76.4kg、29.0%

Category: 日記

Q4と自分の距離

| EDIT

 こ~んずさんからのお話によると維持で1年平均50万円程度で済むならトントンじゃないかというウワサのQ4ですが、実はまだこの車に施されたメンテナンスの履歴はお勉強できてません。

あっ、整備費は計算足しちゃいけないんでしたっけ?まあ、先ずは基本の取扱説明書から読んでます(苦笑)

 それにしてもこんな前世紀の恐竜みたいな車なんて、良識ある皆さんには購入すること自体ありえないことかもしれませんが、この車は自分にお金では買えないなにかをくれる気がしています。

 異動の時期はとかく憂鬱になるものですが、今年はそれどころじゃないというか、とにかく行った先でやれることをやるだけだという割り切りでアドレナリンとドーパミンがドバドバ出ている感じです(爆)

 それにしても燃費はお世辞にもいいとはいえないな、こりゃ。まあ、燃費を気にしてたら乗れる車ではないのであまり気にしてもいませんが、昔乗ってたソアラといい勝負かも。いや、ソアラの方がひどかったか(汗)

 でもソアラとは楽しさでは比較になりませんね!(二代目ソアラオーナーさん、ごめんなさい。)

 さて、サーモスタット。坂野社長に相談して、先ずはクーリング効果で水温が低いままのか、それともサーモスタットの故障なのか、先ずは今週末、引越し準備の合間に(?)アルファ・デポに行けたら行きたいなと・・・。でも、時間がないかな(汗)

 サーモスタットなんてまだ地獄の入り口で門番のケルベロスくんに吠えられたってなところでしょうか(爆)

今日の体重
77.6kg、27.6%

Category: 164

山形メンバーにご挨拶

| EDIT

 山形を離れる日が近づいてきました。

 仕事も雑務に追われ異動のための準備は何もできていない状況ですが、引越し準備やら引継ぎ作業の合間にお世話になったアルファ・ロメオ164オーナーズクラブ山形メンバーにご挨拶に行ってきました。

 思えばこの山形赴任の2年間がQ4への「踏み絵」のようなものだったのかもしれません。

 アルファ・ロメオ164オーナーズクラブ入会直後に徹夜で「朝箱」往復を敢行したり、「みちのく寄合い」で164の洗礼を受け、「あぶQ」でしっかりビール片手に座学?を受け、「あぶQ2」でいよいよ初左ハンドルデビュー。

 その間、デルタによろめいたり、156のオイタ程度にグダグダになったりといろいろありましたが、真剣に悩んだ時期を経たからこそ、このQ4を一目見たときとっさに「衝動買い」するという暴挙に出られたのだと思います。

Q4山形へ


 このQ4と付き合っていくにあたってお二人のお話を伺って、やっぱり買って良かったと思うこと、気がついたこと、注意しなければいけないことなど、あらたな発見もありました。それにしてもアクセルの使い方でこんなに印象が変わるとは・・・このエンジン、奥が深い。さすがに名機と言われるだけのことはあります。

 でもって、お二人とノンアルコールビールで乾杯です。

納車報告


 話を聞くほど手強い車だけど、じゃあ他の車で満足できるかって言うとこの味を知ってしまったら今更ねぇ(苦笑)

 と言うわけで肩肘張らずに自分のペースで付き合っていきます。

Category: 日記

納車されてしみじみ(笑)

| EDIT

 晴れてうちの車になった164Q4!

うちの駐車場

 車が斜めってる(爆)

 左ハンドルに慣れてない上に、パワステにストレスかけないように据え切りせずにちょこまか細かくステアしたもんだから自分がまっすぐかどうかわからなくなってしまいました(苦笑)

 こうして上から写真で見ると四角いですね(笑)

 でも、実際に近くで見ると164はただかくばった感じの車じゃありません。微妙な曲面の組み合わせであの直線的なイメージを作り上げているんです。この絶妙な仕事ぶりは近付いてみないと気がつきませんが・・・。だから、ちょっとでもぶつけられて歪みでもしたら、きっと泣きが入ると思います。

 この曲面の使い方は現行のモデルにも引き継がれているように思いますので、アルファ・ロメオのデザイナーにとっては外してはならないセオリーみたいなものがあるのかなとも思ってしまいます。

 オーナーズクラブ新参者としては、今更ながら以前行われたと言う記念イベントでのエンリコ・フミアさんのお話が聴きたかったとしみじみ思ってしまいます(苦笑)

 とにかく、このデザインは秀逸です。他のどれとも違う。未だになお古さを感じません。

 うちの嫁も最初に写真で見た時は、なんだか古くさいなどと言ってましたが、納車されて実物を見てからはそんなことは一言も言わなくなりました。弱ったシートをかばうためサイドステップに手をかけて乗り降りの練習をしてますが、一言も文句も言わないですし。

 多分、このデザインは密かに嫁も相当気に入ったようです(笑)これから出費がかさむであろうことから、あまりいい顔できないみたいですが(爆)

 色も独特で、第一印象は控えめないい色だと思ってましたが実際に駐車場に停めると意外に目立っちゃう(苦笑)

 うちのマンションは外車と言ってもベンツ、BMW、VWなんてのがほとんどでたまにボルボがいる程度。イタ・フラ車自体周りに乗ってる人が少ないのに、しかもこの164ですから「なんじゃありゃ?」ってな目で見られてます(爆)


 納車時の走行距離

164納車時走行距離

     ↓

   一晩走って

164納車から一晩走って

 今は山形。山形ではなおさら目だってしまってまして・・・(苦笑)

 それにしてもこの個体は、機関部に関しては当面何も問題なさそうです。後はアルファ・デポの坂野社長と相談しながら、計画的にメンテナンスするよう心がけるだけです。

 となると、気になるのは内外装でしょうか。外装は追々ガラスコートして、なるべく塗装に優しいカバーでも探すつもりですが、やはり気になるのは天井の垂れとシート(汗)

 シートのプラスチックのクラックは心配の種ですが、まあ、焦らずぼちぼち対策を考えることにします。もちろんレストアして新車状態に戻すつもりなんて更々ないし、あんまりお金がかかるようならこのまま丁寧な乗り降りで凌ぐだけですが、先ずは直せるのかどうか、そしていくらくらいかってところは気になる今日この頃です(苦笑)

今日の体重
78.4kg、28.4%

Category: 164

でもって、第一印象(笑)

| EDIT

 前オーナーが、きっと「こいつなんかで大丈夫かいな?」と心配されているかと思いますので(苦笑)、取り急ぎ第一印象と現時点での近況を・・・。

 とその前にいきなりですが、楽太郎さん改め円楽さん風に言ったら『前オーナーのようには維持できません。でも、164、乗り続けますよ。』そういう気持ちです。

 だから、Q4とは手抜き満載のダメダメなお付き合いになってしまうと思います(苦笑)

 と、プレッシャーになる前に宣言して力を抜いたところで第一印象を書いておくと・・・車載車から降ろされた時点で、先ず佇まいがかっこいい。次に音がいい。すみません、気持ちが先走っちゃって写真どころじゃありませんでした(爆)

 坂野社長から一通りの説明を聞いて、とりあえず近所をトロトロ走りますが、それだけでもうドキドキものです(笑)

 もちろん最初は緊張でですが、しばらく乗ればあまり左ハンドルのことは気にならなくなりました。それより難しいのはペダルワークでしょうか。丁寧にやろうとしていきなり2回もエンスト。今度はアクセル無用に開けすぎ。そうでなくても結構周りから見られるのに・・・(汗)
早速、嫁と二人で車からの降り方まで練習しました(苦笑)まあ、あせる事もないかな。

 そうそう、ビスコマティックとパワステオイルって供用なんですね。なにやら聞き覚えのある音とかぐわしい臭いもして(苦笑)、早速いろいろ課題はありそうですが、まあすぐにどうということでもなさそうだし、とりあえず自宅に戻ってここからは座学です。先ずは基本の取扱説明書からですね(笑)

 整備記録も見始めてびっくり。本当に愛されてきた個体なんだと実感。全然関係ないところですが、ダッシュボードの手入れの仕方と前オーナーの付けたナンバーの下2桁の意味がよくわからず気になってたりします(笑)

 明日はいきなり長距離ドライブ。安全第一で行かないと(汗)

Category: 164

アルファ・ロメオ164Q4 が家に来た!

| EDIT

 先ほど、アルファ・デポの坂野より直々の納車をいただきました。現在、早速保険手続きを切り替え中です(汗)

 夕べからほとんど眠れませんでした(爆)

 気分は遠足前、いや、クリスマスプレゼントを期待して眠れない小学生の頃のような感じかな(汗)

 未だにこんなことになると思ってなかったのですが、初めて読んだ510さんのブログの記事が164QVとQ4の2台をサーキットに持ち込んで暴れまくる話、そしてレース中に外れたシフトブーツ再装着と引き換えにやってしまったオーバーレブでエンジンヘッドバラシに、足車になぜかスパイダー購入、友達に呼び出され炎天下を一緒にプロショップまで行軍したあげくに海外に部品調達という破天荒ぶり。

 自分もCGやティーポを読んでたし、嫌いじゃなかったけどあくまで別世界の話で、はじめはこんな無茶でラテン系で妙にオタク(失礼)な楽しい人もいるんだなと楽しく地獄記事を読んだのを思い出します。

 そこまで一気読みした頃、当の510さんはQ4との決別に苦しんでました。このままいつまでも蜜月が続くかと思われたQ4との突然の別れの記事をオンタイムで・・・。あれがよくなかった。妙に感情移入してしまって、本当に泣けてしまったんです。ここまで何かにこだわって格闘して、真剣に取り組んだことが自分にあったかなと。

 そう思ったら一度だけ真剣に取り組んだ時期があったことに思い当たり、その時のことが鮮明に思い出されました。この人はあの時のような濃密な時間を今も生きてるんだなと思ったら、そんなに真剣に格闘できるイタリア車、とりわけ164がどんな車なのか興味がわいてきてしまいました。

 今思えば、あのときからこうなることは必然だったのかもしれませんが・・・それも含めて車との出会いはつくづくご縁だと思います。それも車というより「人」とのご縁でしょう。

 もはや立派な旧車(趣味車)の範疇に入ってしまった感のある164は、稀有な運命の出会いがないと乗れないのかなと思います。そして車にも一目惚れってあるんだなと本当に思いました。こんな出会いをくださったsatoshiさんにただただ感謝です。そして、アレーゼ武蔵野にまで渡りをつけてくださったアルファ・デポの坂野社長、サスを手配下さったアルファの師匠の510さん、そしてお声がけ下さった皆さん。先ずは皆さんに感謝の気持ちをと思いまして。

 とにかくこれからグダグダしながら格闘していきます(笑)


 やっぱ、理屈抜きで、かっこいい!!

Category: 164
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。