長崎観光という名の暴飲暴食

| EDIT

 「天地人」の山形から「龍馬伝」の長崎に来たのだから(別に希望して来たわけじゃないですが)、長崎の魅力は一通り堪能しておかないとと思い、あちこちで歩いてみました。

 とりあえず、先ずはグラバー園。

グラバー邸①

そして「龍馬伝」でも使われたグラバー邸。大河ドラマでこのところよく見かける風景も一度行ってみると妙に親近感がわきます(笑)

グラバー邸②

 そして隣の大浦天主堂(クリスチャンじゃないもので、ついでですみません。)。中は信仰の場所なので撮影禁止!

大浦天主堂

そして眼鏡橋。これも定番ですね。

めがね橋

 まあ、とりあえず観光ルートその1って感じでしょうか。もっとあちこち歩き回りましたが、それはまた別に時に・・・。暴飲暴食もここからスタート・・・(汗)

スポンサーサイト
Category: 日記

赤ジャケと警告灯

| EDIT

 先日、赤ジャケが届きました。やっぱり素直にうれしい!

赤ジャケ2

 もしかして最後の1枚だったのでしょうか?サイズもぴったり!

赤ジャケ1

 164ライフにぎりぎり間に合ったのかなと実感してきました。

 164が街中でほとんど見られなくなって久しくなり、一昨年の今頃は164は半ばあきらめデルタ購入前の練習のつもりで156との生活を始めていましたが、その後アルファ・ロメオにやられてしまいました。そして今、実際に164のステアリングを握ってみると、気になるところはいくつかあるものの164Q4は「まだまだ走れるんだ!」と訴えてくる様な気がします。

 常識人の目線で今のハイブリット車と比較してみたら「不完全な車、無駄の塊」となるのでしょうが、自分にとってはもう164Q4は「車」ではなく「愛犬」になっています。水もあげなきゃならないし、餌も必要、これがまた結構大喰らい。定期的に散歩にも連れて行くし、それも高齢だからいたわらなければならない。そろそろ病気も心配。定期健診と予防接種は欠かせないし、たまにはトリミングもしてやらなくちゃ。でも仕事が終わって帰る時、うちに「Q4がいる」という感覚は他の車では味わえないものだと思います。

 その164Q4の近況ですが、とりあえず大きな問題はなさそうです。意外だったのはエアコンの効きの良さで、フルパワーで冷房を入れるとかすかに「鈴虫」の鳴き声がするものの、氷が飛んでくることもなく相当強力に室内を冷やしてくれます。整備記録でも分かるとおり前オーナーが徹底した「修理」をしているからなのでしょうが、あまりに効きが良すぎて、かなり高めに温度設定し風量も絞っているのにフロントガラスが冷えてこんなに曇ってしまいます(苦笑)

エアコンの効き

 気になるのはステアリングを切った時のかすかなうなり音と、時々点灯するビスコマチックの警告灯でしょうか。

 ビスコマチックの警告灯はクラッチの繋ぎに失敗したり、荒く加速してしまったりすると点灯するので、問題の本質は結構根深いのかもしれませんが、ビスコマチック本体は相当頑丈だと聞いてますので修理不能なレベルだとは思っていません。

 来月、アルファ・ロメオ福岡にオイル交換がてらチェックをお願いするつもりなので、何かしら進展があるかもしれません。整備する責任もなく何の儲けにもならない車なのに快くメンテナンスを引き受けて下さったアルファ・ロメオ福岡と、仲介していただいたカムカムレモンさんに感謝するばかりです。

 願わくば、あまり重整備になりませんように・・・。 

Category: 日記
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。