オイル交換してきましたが・・・

| EDIT

 先日、アルファロメオ福岡にオイル交換に行ってきました。

 さすがに九州最大のディーラーだけあって整備に入ってくる車も新しいモデルばかり。アルファロメオは159と147で他にはフィアットのプントと500というところでしょうか。156すら見かけません。

 こんなところに164を無理やり持ち込んでちょっと気が引けてしまいました。

 とは言っても長崎県内に古いアルファロメオの面倒を見てくれるショップなどないし、ちょっと古めのアルファロメオにも精通した熟練の工場長がいらっしゃるとのことなので、一度ディーラーの門を叩いてみようと思った次第です。

アルファロメオ福岡

 整備工事内は整然としていて、室内はお洒落。こちらの工場長は伺っていたとおり164を新車当時から扱ったことのある方で、ビスコマティックの警告灯についても、エンジン切って再始動で点かなければ問題ないと即答してくださいました。何でも新車の時からそうだったとか(爆)

 とりあえずこれで、当座の緊急事態に相談できる方が見つかりました。ただ、こちらに来るまでは今後のメンテナンスまでお願いしようかと思っていましたが、正直ちょっと迷ってきました。それはやはりディーラーとプロショップは違うということを感じてしまったからで、たとえ工場長が凄腕でももともと販売責任もない儲からない仕事をディーラーに無理にお願いすることは工場長を板ばさみにしてしまいはしないかと言うことで、いい方だからこそご迷惑をかけたくないと言う気持ちになってきてしまいました。

 もうちょっとプロショップを探してみようと思います。

77777km見逃し

 ところで、途中、77777kmのオドメーターを見落としてしまいました。高速を降りたらこうなってしまってました・・・。

スポンサーサイト
Category: 164

長崎暴飲暴食の旅(その2)

| EDIT

 B級グルメという縛りからは外れてしまいますが、「卓袱料理」はやはり長崎では外せない料理でしょう。

 「龍馬伝」でも説明されたように丸いテーブル(卓袱)で上座も下座もなく、同じ皿をみんなでつつきあうという長崎独特の料理だそうです。

 今でこそ珍しくもない食べ方ですが、江戸時代は基本的に膳で別々に、それも上座から順に正座して食べるというものでしたから、その当時は画期的な食べ方だったのだと思います。こんな自由な風に吹かれて坂本龍馬は今なら間違いなく「国家転覆罪」になるような薩長連合なんてとんでもないクーデターを計画したんですね。柄にもなく歴史ロマンを思わず感じてしまいました。
卓袱料理1

 その卓袱料理にも本来は細かな作法というかルールがあるようで、先ずは「尾鰭(おひれ)」というお吸い物からスタートです。これを飲まないと次の料理に進めません。

卓袱料理2

 その後はもう無礼講。直ばしで飲んで食べてが始まります。ちなみに取り皿は2枚だけ、これも決まり。この後、飲み物も料理もどんどん運ばれてくるわけで、長崎では有名な「角煮」も出てまいりましたが、写真は残ってません(爆)

卓袱料理3

 今回は「坂本屋」という老舗のひとつで食べましたが、長崎にいる間に一度は坂本龍馬の付けた刀傷が柱に残っていることで有名な「花月」で食べてみたいと思います。さすがに柄ではないのでお座敷遊びまでやるかどうかはわかりませんが・・・(苦笑)

Category: 日記

長崎暴飲暴食の旅(その1)

| EDIT

 サボっていたら怒られてしまいましたので(身から出たさびですが)、暴飲暴食の旅の記録を少々・・・。

 基本的にB級グルメツアーですので悪しからず。

 先ずは基本の「ちゃんぽん」と「皿うどん」。ついでに点心をひとつ。

ちゃんぽん
皿うどん
点心

 これはガイドブックには必ず載っている中華街の有名店のものです。確かにおいしいのですが、ラードもたっぷりつかってあるようで、あくまで中華料理の延長線上です。長崎も半年になろうとしている近頃ではもっと日本人好みの味のちゃんぽん屋さん(というか、こちらでは大衆中華料理屋がちゃんぽんもラーメンも並列で提供してます)を発見して、そちらにばかり行くようになりました。

 でも、ちゃんぽんの発祥は確かにここからなので先ずは一度食べてみることをお勧めします。

 

Category: 日記
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。