あぁ~んハンコック!!

| EDIT

 ハンコックはいい!僕も好き!!石化されたい!!!いや、されたくない・・・。


 というわけでハンコックなるホームページを早速検索。どうも韓国のタイヤで輸入代理店の本社は大阪らしい。

 タイヤの流通がどうなっているのかわからないけど、九州には福岡支店しかないようなのでそこにとりあえず電話してみたところ、長崎では佐世保の城山物産という会社が販売していて、長崎市内にも営業所があるとのこと!

 しかし、ここまできて悲しい現実に直面してしまいました。うちの164、ブレーキ強化の影響でタイヤサイズが一回り大きい(涙)

 ブレーキの強化はノーマルより重くなった164Q4を気持ちよく走らせるためには有効な対策だと思うし、スピードラインと言うホイールも純正以外では一番164Q4に似合っていると思ってます。だからできれば車検もこのままで通したいし、タイヤサイズも変えたくない。でも、205/50R17は輸入対象に入っていないのだそうな。これがmasakingさんが言っていたサイズによるタイヤ縛りか(涙)

 また振り出しに戻ってしまいました。ついでだからダメ元で明日はブラームバルムも調べてみようかな(苦笑)

スポンサーサイト
Category: 164

タイヤがわからん(汗)

| EDIT

 昨年末にアルファロメオ福岡でローテーションしてもらったタイヤですが、全体的にヤマは残っているものの、どうしてもフロント内側が減ってきてしまいます。そろそろ次のタイヤを選んでおいたほうがよさそうですが、正直タイヤってものがよくわかりません。

 とりあえず国内の有名メーカーのカタログを読んでみましたが、じゃあどれがいいのかというと同一メーカー内でも違いがよくわからない。そもそもタイヤの表記の意味が解ってないのだから当たり前か(爆)

 恥ずかしながらタイヤの表記を確認してみると、うちの164の場合、フロントブレーキが強化されている関係でタイヤサイズが大きくなっていて、メトリック表示で「205/50 R17 89V」となってます。205=タイヤの幅 (mm)、50=偏平率 (%)、R=タイヤ構造(ラジアル)、17=リム径(インチ)、89=そのタイヤが支えられる荷重を示した指数(ロードインデックス)でこの場合負荷能力は580kg、V=そのタイヤで保証される最高速度 (240km/h) ということはわかりました。

 そこでいつもお世話になっているガソリンスタンドのお兄さんに聞いてみました。そこで扱っているタイヤはブリジストン。さらに、アルファロメオ福岡の工場長がおっしゃっていた左右対称タイヤで絞り込んでみると、エコピア、レグノ、ポテンザなのですが、そのうち 205/50 R17 があるのはエコピアとポテンザだけ。

 ちなみに今履いているタイヤはプレイズ。これは左右非対称ですが、一応方減り対策タイヤではあるようです。どれくらい耐久性にメリットがあるのかはよくわかりませんが。

 164Q4という車の性格や年式からしてもあまりハイグリップでコーナーをぐいぐい攻めるようなタイヤは向かないのかもしれません。そんな腕もないし。大事な車だし、職を賭すわけにいかないからそんなにとばさない。でもたまには高速クルーズしますので、それなりの速度には対応してほしい。ポテンザはがんばりすぎ、エコピアはちょっとゆるすぎ?

 実際240km/hも出るのかどうか解らないけど今のタイヤは性能が必要かつ十分といった感じなのでしょうか。プレイズの耐久性はよくわかりませんがうちの164Q4の方向性には一番あっているように思いはじめました。

 一応、見積もりも取ってみましたがガソリンスタンドでのタイヤ交換はやっぱり緊急避難的にするものなのかもしれません。かなりがんばって見積もってくれましたけど。もっと安いところがないかもうちょっと探して見ます。それに他のメーカーのタイヤも調べてみたいし。

 タイヤの勉強はもうちょっと続ける必要がありそうです・・・。

Category: 未分類

三連休でプチ旅行

| EDIT

 年明け早々から人事やら事務室のレイアウト変更プランやらとバタバタ検討しているうちに新型インフルエンザにやられてしまいブログもずっとほったらかしでしたが、久しぶりに観光ネタでも。

 長崎に異動が決まった時からずっと気になっていた端島(軍艦島)にやっと上陸ができました。軍艦島上陸ツアーはなかなかの人気のようで、これまでも何度か予約を試みたもののずっと予約が取れず、上陸が実現できませんでした。

 今回参加した軍艦島上陸クルーズというこのツアーもこちらの船会社が最近始めたようで、大手旅行代理店と契約して全国的に売り出すのは4月かららしく、狙い目はまだ知名度がそこそこな3月いっぱいまでかもしれません。何せ自分もたまたま長崎のローカル放送でこのツアーを知った次第で、予備知識もなくネットで調べてもなかなかたどり着けずツアーとしてはなんともわかりにくい。素晴らしい観光資源をもちながらそれを最大限に生かしきれていない長崎県の状況は売り込み上手な山形県とは対照的な気もします。人のあったかさは東北の人のようにやさしくて山形と変わらないんですが(苦笑)

 駅ビル近くに車を停めて長崎港から端島(軍艦島)へ向かうのですが、沖合いは波が高めで上陸できるかどうか行ってみないとわからないとのこと。

 結果的には上陸できましたが、今回の寒波がもたらした陸側からの風が沖の高波に対抗してくれて上陸できたらしいです。冬場にはこういった強い風がよく吹いているので夏場より上陸しやすいのだそうで、逆に夏場のほうが上陸できずに戻るケースが多いのだとか・・・。本当にラッキーでした。


 先ずは高島という島に寄港します。ここに資料館があり、端島に住んでいた方による端島(軍艦島)の概要と歴史についての説明を効きます。そしていよいよ端島(軍艦島)への上陸となるわけですが、詳細についてはまたあらためて整理したいと思います。実はデジカメからうまく写真が取り込めないだけなんですが(汗)

 正直、廃墟独特の迫力に魅力を感じて見に来たようなところもありましたが、この方達にとってはここがふるさとそのもの、それが朽ち果てていくのはどんなにつらいことか、自分の住んでいた部屋が見えるのに立ち入ることができないのがどんなにもどかしいか、説明の端々からも滲み出て伝わってきて、興味本位で見に来たことにちょっと反省しました。でも、きっかけはどうあれ、この島のことを知られることが大事なことで、この島が産業遺産として残されることを、そしてこれ以上の荒廃に歯止めをかける保存策を早く取っていただきたいと切望するばかりです。

 午後は駅近くで簡単な食事を済ませて由布院に向かいました。今回は思い立ってからあまり時間的な余裕もなかったのですが、面白そうな宿があったので、行って見ました。塚原高原の方なので湯布院よりちょっと山に登りますが、forest inn BORNというこの宿、逆に温泉街と言う感じではなく落ち着いていて気に入りました。

 外を見ると九州なのに雪。

フォレスト1

 雪を見ながら(雪に降られながら?)の露天風呂の湯は本当に気持ちいい。特に夜のライトに照らされて空から舞い落ちてくる雪なんか湯煙越しに見たら・・・思わず風呂へカメラ持込み(爆)

フォレスト2

 部屋の雰囲気も悪くなく結構この宿、好みです。

フォレスト3

 食事の写真はあまりうまく撮れなかったのですが、特においしかった何皿かだけ参考まで。

フォレスト食事2
フォレスト食事3


  一皿の量はたいしたことないですが、全部食べると結構なボリュームです。実は今、肝機能が引っかかり禁酒中なのですが、この日だけは解禁(爆)

 暖炉の火を見ていると酒が進んでしまうのは自分だけでしょうか?

フォレスト4


 朝ご飯はほっとする和食。シンプルだけどご飯も味噌汁もしみじみうまい。

 11時過ぎても路面は真っ白。山形ほどじゃないんですが、高速道路は由布院から日田まで通行止め。仕方なく昼は日田から高速に乗ってすぐのサービスエリアでさっさと済ませて長崎へ。除雪車が一台もない九州の高速道ではいつ通行止めになるかわかりませんからね(汗)

 なんとか長崎に到着でき、夜はランタンフェスティバルを楽しんで地元しか知らないであろう隠れた名店「ひらの」で海鮮三昧。低アルコールビールと刺身をひとしきり食べた後で写真を撮り忘れたことに気づき慌てて一枚撮りました。

ひらの

 ここはどちらかというと地元の人しか知らない巨人ファンの集まるアットホームなすし屋系居酒屋って感じてす。なんせみんな子連れの大家族で飲みに来てますから。それと夜は巨人ファンがテレビを見ながら応援しますので、巨人ファンかそれを受け入れられる程度にリベラルな他球団ファンの方じゃないときついかも(爆)

 三日目は風頭公園で龍馬像を見たり、オランダ坂を見たり(登る根性がなかったので)と長崎をぶらぶらさるきました。「さるく」なんて長崎の方が実際に使っているのを聞いたことないんですが本当に言うのかな?

Category: 日記
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。