オーバーレーシング?

| EDIT

 先日、164を引き取りにいって来ました。といってももう大分経ってしまいましたが(汗)

 アルファ・デポの社長から交換及び補修した部品や補修前・補修後の写真による施工情況説明をいただきました。 

 ホーンはスイッチ部分が破損してスプリングが抜け落ちていたそうです。実際に交換したコラム(補器類のスイッチと一体なんですね)の部分を拝見しましたが、ここが折れていると教えていただかないとことそのスイッチがどういうお仕事をしていたのかもわからず、チンプンカンプン(???)

 このパーツは164とGTVの共通部品だそうで、中古パーツをうまくリプレースしていただきました。こういうところは私のような貧乏人には本当にありがたい限りです(感涙)

 そのほか電気系では、シートヒーターもスイッチを直していただき、リアの電熱線はどこかで断線していたようでラインを引きなおして復活してくださいました。ガラス面の線が切れていたらガラスごと交換でしたから直ってよかったです。ガラスごと交換だったら私のお財布では放置したまんまになるところでした(苦笑)

 クラッチ鳴きもグリスアップで回復。

 マフラーはもっと悲惨な情況で、施工前の写真はもうあちこち穴だらけ(爆)

 部分溶接なんてことはできない情況だそうで、マフラーにさらに別のマフラーを切り刻んでかぶせて溶接するというなんとも手間のかかる作業をしていただきました。しかしそれでも延命措置に過ぎないとここと。

 師匠からアーキュレーにてマフラーを製作されたことがあるとのお話をいただき、そのことを相談していたところ、そちらについてもいろいろ社長が調べてくださいました。

 「アーキュレー」さんはワンオフで対応、微調整を要するので車の持ち込みが必要とのこと。費用もそこそこかかる模様。まあ、なんせワンオフですから仕方ないところ。

 一方、社長が探してくださったのは「オーバーレーシング」さん。あれっと思ったのは昔、バイクでお世話になったから。確か、バイク用マフラーを中心としたバイクパーツのスペシャルショップだったような・・・。車のマフラーも作ってくれるの!?しかもこっちは今のマフラーをベースに型取りして作ってくださるとのこと。

 とりあえず補修してもらったものの、中間の寿命と後ろ側の寿命が一緒になりそうなので、この際まとめて換えちゃいましょうか、なんて話を社長としつつ久しぶりの164を堪能しました。

 乗ってみてびっくり!!。先ずタイヤ。換えるだけでしゃっきり感が増すもんですね。それにパネルのガタピシ音がなくなっています。これは多分社長が電気系を見たついでにしっかり留め直してくださったからに違いないかと・・・!

 排気音も違います。なんせ、今まで爆音仕様でしたからね~(爆)

 こんな手のかかる車にここまでの仕事をしていただいたらもう他には頼めません。4月にどこに異動になろうとも、アルファ・デポまで通いますよ~(笑)
 

 

スポンサーサイト
Category: 164
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。