板金って

| EDIT

 凹んでしまったフロントフェンダー部分。

凹み

 明らかなキズはバンパー側の塗装はげくらいですが、よく見るとやっぱり押し付けた跡がちょっと残ってます。このくらいの傷と凹みだとぶつけた感覚はないかもしれない(汗)

 幸い地金は出てきてませんし、岡山にも腕のいい板金屋さんがいらっしゃるということなので、次のオイル交換時にでもあわせてお願いすることにします。

 正直、すぐにでも直したい気持ちはあるのですが、代車の軽ではちょっと不便で足にしにくいことと、他にも気になるところもあり、それもやるとなるとそこそこ代車をお借りすることになってしまうので他のお客さんのご迷惑にならないように、また日を改めてじっくり直してもらうことにします。

 そんなこんなでクラブラン以来久しぶりの164ドライブに笠岡でコスモスを見て笠岡ラーメンとビュッフェ、牛窓→日生(ひなせ)でエビオコと食べ歩きドライブしてみました。

笠岡のコスモス

 しかし、牛窓→日生がよくなかった。港の横の道が工事中でひどい砂利道、そのあと車1台がやっとの細くくねった厳しい傾斜の山道、しかも台風の真っただ中…。

 折れた枝が車体の下に引っ掛かりガリガリと音をたてているものの車を止めることもできず、広い道に出てやっと土砂降りの中枝を排除。

 これは念のため下回りも見ていただく必要があるかなぁ(汗)

 とりあえず、食べに行った店のえびオコは、シンプルだけどかなりうまい!しかも醤油だけで食べさせるえびオコはここだけ。164メンバーには是非食べてもらいたい、なんて思う反面、ルートがイマイチ。まだまだ研究が必要だな…。

スポンサーサイト
Category: 164

164が好き

| EDIT

 164がオイル交換から帰ってきました。さっそく笠岡までドライブ。道の駅の駐車場に止めてとふと遠巻きに車を見ると、どうもなんか変・・・。光のラインが不自然な気がします。近づいてよく見ると右フェンダーがへこんでかなりベッコリ(涙)。
 
 オイル交換に車を出す前にはこんなへこみはなかったように思います。

 とりあえずジャッロガラージュに相談。水河さんも整備工場から車が戻ってきたときにはへこんでいることは気がついたものの工場に出すときどうだったかまでは特にチェックしていなかったので記憶がない、とのこと。工場のスタッフいわく「初めからへこんでた。」のだそうで・・・。

 確かに自分も整備に出すときにしっかり水河さんと一緒に外装のチェックをしていなかったわけで落ち度はありますし、厄介な車をお願いしておいて板金の修理費でガタガタ言う気はないのですが、あまり気分のいい話ではありません。

 それより心配なのはきれいに直せるかというところです。その辺も相談したところ、水河さんもラインが出るように腕のある板金に出した方がいいと言う意見。イタリア車が得意な腕のいい板金屋があるとのこと。ただ、車のへこみを実際に見て見積もりを出してもらわないと修理費はどうなるかわからないそうです。

 気分の晴れないところもありますが、次回以降164の整備を出す時にはこの工場以外にしていただきたいことだけ伝え、あとは淡々と修理することにします。

 まあ、車も「物」。使えば壊れる。壊れたら直せばいい。大好きな164のためだ、なんとかなるさ(苦笑)

Category: 未分類

オイル交換のついでに

| EDIT

 現在、ジャッロガラージュで164のオイル交換と各部のチェックをお願いしてます。そのついでに最近クラブ内では話題の部品の調達について聞いてみましたが、「QV、Q4とも部品は国内にはほとんどないが、海外にはまだある。EU圏内に在庫があり、部品の切れかかっているQ4でもポーランド(だったかな?)辺りにまだストックがあったりして、2週間あれば現地駐在員が調達して発送してくるから実質1か月程度で車検対応も可能だ。」とのこと。長崎では心細かったものですが、岡山ではちょっと事情が異なるようです。東京ほどプロショップがひしめき合っているいわけではないにしても、趣味車の維持に理解があってどんな変態車の悩みでも真剣に相談にのってくれるプロショップがあります。地方でも地域によって趣味車環境の温度差があることを肌で感じます。(もちろん長崎だって佐賀にプロショップがありましたから、自分のようなメカ音痴でも趣味車の維持が全くできないわけではないとは思うのですが。)とにかく相談できるショップがないのは自分のようなメカ音痴には致命的です。今回もオーナーズクラブの師と仰ぐ方からジャッロガラージュをご紹介いただけたからこそ安心してこんなブログを書いていられるわけで、これは実は本当にありがたいことでした。

 思えば長崎ではオイル交換さえお願いできるディーラーもショップも近くになくて非情に不安でした。心ある地元アルフィスタにお口添えいただき、なんとかアルファロメオ福岡の腕利き工場長に面倒を見ていただけることになったものの、それでもディーラーは新品部品を確保できなければ組み付けしないという手続き上の限界があることも知りました。結果的に部品調達が地方では維持の生命線になることを認識しました。その地域ごとに取り巻く環境が異なるなかで、より安心して趣味車に乗り続けるためには、ショップ情報から場合によっては部品番号・調達関連手続きに至るまでそのメーカー・車種にまつわるノウハウを享受できる場が必要で、個人レベルでその情報をすべて把握するのはネット社会とはいえ、さすがに厳しいところもあるのではないかと思います。そして、そこにこそオーナーズクラブの存在意義があるように思います。実際、自分のような転勤族にはプロショップ情報が先ず持っての生命線であり、それを助けてくださったのはアルファロメオでつながった仲間だったわけですから。
 また、オーナーズクラブのもう一つの存在意義として、イベントの企画などを通じてその車が現在の車社会の中に受け入れてもらえるような環境を醸成していくこともあるのではないかと思います。ファンが増えればその車に乗ってみたいと思う人も生まれてくるわけで、長く生き続けるクラッシックカーは世代交代しながら常にそういうファンが存在し、だからこそプロショップも商売の対象としてその車を扱う気になってくれるのではないでしょうか。

 ですからオーナーズクラブのあり方としては、先ずは愛好家のすそ野を広げるという意味でその車なりメーカーのファンクラブでいいのではないかと思います。例えば164ですが、今となっては趣味性の強い車(変態車)として見られ、この車をよく知らない人からは「なんでそんな中古の外車にこだわるの?」と言われてしまいます(実際に言われました)。この車は近くで見て、乗って音を聞いて、自分でステアリングを握らないと良さがわからないかもしれません。でも、そんな機会はなかなかないわけで、自分もオーナーの方のブログを拝見して興味を持ち、オーナーズクラブの門をたたき同乗させてもらい、酒を飲みつつその魅力を語らいながらいつの間にか購入せずにいられなくなったわけですから。
 そしてファンには、車を見るのが好きな人から走りこむ武闘派、自分でいじり倒したいコアなファンと、多岐にわたって存在するわけで、その特化したグループで個別に支え合えれば状況に応じて欲しいアドバイスやサポートが手に入るいい環境を醸成することができるのではないでしょうか。

 残念ながら地方には経済的デメリットが確かに存在します。人と違う車に乗る以上、幾ばくかの経済的負担は覚悟をせざるを得ないのかもしれないとこのところ思い知りました。確かに安く部品を調達することは地方で趣味車を維持するには必要なポイントかもしれません。だからと言って自分はオーナーズクラブで部品をまとめ買いして安くあげる、という短絡的な選択は取るべきではないと思います。お金が絡むと問題も生じるし、それがファンクラブの寿命を縮めてしまうのなら本末転倒です。部品でもなんでも買い物はあくまで自己責任が原則。共同調達なら気心知れた仲間内で、信頼関係の中であるべきだと思います。オーナーズクラブはそんな仲間と知り合える「ルイーダの酒場」みたいなもんでいいんじゃないでしょうか(笑)。少なくともアルファロメオ164オーナーズクラブは「アルファロメオ」という車メーカーのことさえ何も知らずに飛び込んだ自分を温かく迎えてくれた「オトナ」ないいオーナーズクラブですから、その存在はやっぱり大事にしたいと思うんですよね。

Category: 日記

お土産?

| EDIT

 先日のクラブイベントで不用品のオークションがあり、ペーパーウェイトを100円でゲットしました(笑)

 ちょっとくすんでましたが、コンパウンドで磨いてみたらきれいに復活。

お土産2

 自分が出品したランチャストラトスとデルタのミニカー(実はあれはミニカーではなく、ミニラジコンのボディーなんですけど)も気に入っていただけたみたいでよかった、よかった。

 そういえば、先日のイベントの帰り道で右のサイドミラーがグラグラ揺れていることに気が付き、kouichiさんに直し方を伺い、とりあえずやってみました。下のカバーを外してネジを増し締めしただけですが、ちょっと車に近付けた気がしてうれしいもんですね。何をこんなことでと思われるかもしれませんが・・・(苦笑)

サイドミラー復活

 今週末はオイル交換。気になるところもちらほら…。まあぼちぼち行きます。

Category: 日記

クラブラン初参加

| EDIT

 アルファロメオ164オーナーズクラブに加入して4年、クラブランに初めて参加しました。これまで典型的なユウレイ会員でしたが、部品調達にかかるBBSの書き込みが白熱するにつれ、自分も思うところあって今回から参加することにしました。

 部品調達にかかるBBSのスレッドについてはまだ自分の中で整理できてない部分もあり、今はまだ書くだけの覚悟もなく、今回は取り急ぎクラブランのイベントをアップすることにします。

 日曜日の日付が変わってすぐといった感じで起床しました(笑)先ずは関西組の集合場所である内津峠に向かいます。kouichiさんからのアドバイスに従い休憩も見込んで5時間前の2時に出発。途中激しい雨に見舞われながらも約1時間前に到着できました。そこにはすでに3台の164が停まっており、中でもすでにレボさんはフロントガラスの汚れ落としなどお手入れを始めているご様子。

内津峠にて

 レボさんは岡山県よりさらに100km近くは遠いであろう香川県から来れれてました。しかも自分より早い到着。いったい何時に出て何kmで走ってこられたのか…。そしてしばらくしたところでkouichiさんが到着。ここで改めて自己紹介とお互いの車の近況報告など。とは言いながらFacebookを使いこなされているレボさんは特に近況報告など不要なほど皆さんの情報をお持ちなようです。

(自分もFacebookに登録はしてみたものの、まだ制度も設定方法もよくわからず、しばらくはみなさんの使い方を参考にするだけ。恐る恐るお友達申請をし始めたばかりです。正直このネットワークの広がり方に違和感を覚えてしままい、個人的にはまだちょっと抵抗感がありまして・・・。)

 みやさんの到着を待って、予定通り7時15分には出発。時速100kmから120kmで周りの流れに乗りながら巡航。抜きつ抜かれつ164の隊列走行を楽しみました。皆さんのブログでは拝見していましたが実際に体感するのは初めて。斜め前にあの164のお尻が見え、バックミラーにはあのフロントマスクが映っている、なんとも至福の一時でした。

みやさん合流

 市営駐車場で受け付けとドライバーズミーティングの後展望駐車場にチーム別に移動。結構いいペースで移動します。駐車場で整列。壮観ですね。

展望台駐車場にて

 そしてイベントへ。事務局の方のご苦労にただただ頭の下がる思いです。

イベント準備

 今回のイベントを盛り上げたのはAチーム。タイムははなから度外視のエンターテイナー集団でした。中でも楽しかったのは箱乗りでしょうか(笑)

箱乗り

 一方自分の所属するCチームは堅実路線。標準タイム目指して無難にタイムをまとめました。別にそうしようと申しあわせたわけでもなかったんですが・・・(苦笑)

Cチームは堅実に

 イベントの後はレストハウス経由で蓼科パークホテルで表彰式。

レストハウスにて

 おかげさまでCチームは優勝、自分はステアリングカバー等ありがたい賞品をいただきました。表彰式の後は食事しつつ不用品オークション。ここもAチームの皆さんが盛り上げます。

 本当に楽しいイベントでした。事務局の方々のご苦労と、イベントでおもいきり遊べる皆さんに感謝とご挨拶して帰路へ。これは癖になるかもしれません。

 そして、イベント前からお声がけ下さったkouichiさん。

kouichiさん

 お心遣いいただき、有難うございました。こんな楽しいイベントなら中国・四国ブロックでもなにかしたいですね。香川にはレボさんもいらっしゃるし(笑)

Category: 164

初参加に向けて・・・

| EDIT

164OCの秋のクラブイベントは初参加。事前準備をと思いましたが何も出来そうにありません(苦笑)

とりあえず来週は関西中部勢の集合場所である中央道内津峠PAに7時までに行かなくては。となると・・・岡山発は2時ってところか(爆)

Category: 未分類
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。