大迷惑を・・・

| EDIT

 我が家の164Q4が、どうもショップに大変なご迷惑をかけているようです。

 岡山から東京に自走する途中、ビスコマチックに不具合が生じほうほうの体でアルファデポにたどり着き、そのまま入院となり、当の私はそのまま北海道に赴任いたしました。そのため、その後の状況は電話で伺うばかりなのですが、交換する部品がないために皆さんにとんでもないご迷惑をおかけしてしまっているようです。

 状況から言うと目下、最大のトラブルはパワステ用オイルポンプからのオイル漏れ。オイル漏れがひどく、これが原因で油圧が下がってしまっているとのこと。Q4は四駆のオイルとパワステオイルを共用しているものだから結果的にビスコマチックの警告灯が点灯していたとのことでした。

 問題なのはこのパワステポンプは国内はもとより海外でももはや欠品で、再生品で対応するしかないこと。坂野さんはその再生品を入手するため、クイックトレーディングの510さんと相談の上、海外のリビルド品の調達を試みて下さいました。しかし、完全なリビルド品はアメリカにもないらしく故障した部品をアメリカに送り、アメリカでそれを修理して送り返してもらうという非常に厄介な段取りを取らざるを得なくなったそうです。510さんのお骨折りにより現在、部品の修理依頼中で、それが届くのを待っている状況とのことでした。それが直って戻ってきてから組みつけてみないと他にも不具合があるかどうかの確認ができないとのことで、そのほかにも消耗品の交換など、合わせて作業が発生しているため、まだまだ時間を要するとのことでした。

 作業が停滞したまま現在も、うちの164がフロント下回りをバラされたままアルファデポの整備台を塞いでしまっており、不本意ながらアルファデポの他の作業を妨げてしまっているようです・・・。

 これは、心の師510さんのブログの中でも記述されている「オーナーがやってはいけないマナー違反」の典型でした。儲けにならない地獄車の整備を引き受けてくださるショップは、それだけで負担を引き受けているのだから、オーナーも部品の確保の遅れ等で余計な負担をショップにかけないようにすべき、という教えです。今回、自分の認識不足でショップに大迷惑をかけてしまいました。

 ですが、それでもあの164Q4に乗り続けたい。身勝手な私はアルファロメオらしい本来のいい状態に少しでも近づけ、少しでも長くあの164Q4に乗り続けたいと望んでしまいます。

 リビルド品を使うにしても164Q4は専用設計部品が多々あり、もともと生産台数そのものが少ないため部品取り車の確保は今後必須条件になってくると今回のことで痛感しました。それも含め今後どうショップと付き合っていけばいいのか、自分は何をどこまですべきなのか、今更のことで恥ずかしながら坂野さんとも相談してみたいと思います。

 我が家の164Q4に関わってくださっている皆様、ご迷惑をおかけして本当に申し訳ありません。そして我が家の164Q4がその車としての生涯を全うできるよう、もうしばらく引き続きのお力添えをよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
Category: 164
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。