九州クルーズ ミルクロードから「わいた温泉」郷へ

| EDIT

 本来ならば天草まで来たら下島の天草四郎に関する資料館とメモリアルパークまで足を運ぶべきなのでしょうが、今回は温泉宿を最優先でスケジュールしてしまったため、そこまで行ってしまうとどうしても無理がでてしまいます。

 とはいえ上島・下島クルーズをあきらめるにしても、せっかく天草に来たので海の幸を楽しみたい!

 ガイドブックを片手にいけす料理ふくずみへ行くことしてました。開店時間を狙って行くことにしましたが、思ったより道も空いていて15分前には着いてしまいました。

 駐車場にとりあえず車を置いた後は、他に見所もなくただ待つことにしましたが、この周辺は昭和のままの時間が流れているように感じます。

 ようやく開店と同時に店内に入ったわけですが、結果的には開店時間より前に来ていて大正解でした。

 開店から10分と経たずにほぼ満席。もちろん魚はうまいです。

天草さしみ

天草海鮮丼

天草うにいくら丼


 魚に関しては九州は長崎も熊本も変わらずうまいと思いますが、とはいえ正直、長崎の漁港近くの安くて美味い店を知ってしまうと、ちょっとここは割高な感じもしてしまいます。それでも東京よりは安いし新鮮。こればかりは漁港の近くという地の利があるんでしょうね。

 新鮮な魚介類を堪能し、道の駅でちょっとお土産買い込んで、ここからいよいよミルクロード、大観望をかすめて通ってからわいた温泉へと思い高速にのったのですが・・・。

 高速に入ってからふと、なにやらズリズリ車速にあわせて音がします。最寄のサービスエリアに止まってみると全く音はせず・・・。とにかくドア下のゴムの状態を確認すると、やはり仮止めした後もそのまま伸びきったゴムがとうとうタイヤに当たってこすれてしまったようです。サービスエリアではカッターもハサミも売ってないわけで、とりあえずだらしなく伸びきったゴムを曲げて室内側に入れて鋏んでおきました。

 こんな硬直化した泥水除けのゴムが要るのか?とも思いますが、ボディに水は大敵だし、他に根治するすべもない長崎では、こんな状態でも無いよりはましかと思うので今日は見なかったことに(苦笑)そのうちなんとか改めて留めてやらないと・・・。

 それはさておき、ミルクロードです!

 正直、こんなに気持ちいいワインディングだと思いませんでした。残念ながらこの時期、観光客の車が走るシケインと化していて、自分好みのペースで走るわけにはいきませんでした。みちのく寄り合いの時もそうでしたが、秋の観光の時期は仕方ないのでしょうかね。

 それでもこのミルクロードはきついコーナーが苦手な164でも気持ちよく走れる絶景コースです。ところどころに放牧中の牛やら馬やらがいて、ファミリーにもいいコースかもしれません。だから道が詰ってしまうというジレンマもあるわけですが。

 アップダウンが結構あるので、普段意識していないビスコマティックがフル稼働して本当に気持ちよくコーナーを回れます(感涙)

 QVほどシビれてとろけるような色気のある快音はしないQ4のエンジンですが、Q4にはコーナーをクリアするときのえもいわれぬ気持ちよさがあります。これは他に代え難いものだとテクのかけらもないへっぽこドライバーの自分にさえよくわかります。ギアをこまめに合わせてやればアクセスにあわせて4輪フルにつかってぐいぐい走ってくれます。

 年式相応にもっといたわってやりたいとは思いながら、こういうときだけはついついアクセス踏んでしまします。もう、「164Q4じゃなきゃだめっ!!」な瞬間です。パワーそのものは以前乗っていたソアラも似たようなもんでしたが、ただスルスルと加速するばかりでこんな楽しさはありませんでした。

 アルファロメオの価値は、実際にステアリングを握ってみないと理解できないように思います。逆にほとんどの人が燃費性能などカタログ性能重視で車を選ぶもんだから必然的にアルファロメオなんて選択は出てこないのかもしれません。気持ちよさなんて数字化できないし、それを許す風潮もないですもんね。でも、車趣味の醍醐味ってそんな見えないところに実はあったりするのじゃないかって気もします。

 なお、ミルクロードの画像は皆無です、あしからず。ワインディングを楽しみすぎて写真は完全に忘れ、全く撮ってませんでした(苦笑)興味のある方は、よかったらお声がけいただければご案内します(笑)

 だらだらと長くなってしまいましたので、宿情報はさらに次回にします(爆)

スポンサーサイト

Category: 164

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。