トラブル続出?

| EDIT

 長崎から栃木まで大移動の後、警告灯が点灯しながらもがんばってくれた164Q4。

 社長に見ていただくまではそれほどのトラブルではないと思っていたものの、お話を伺うにつれ、実際はもっとやっかいなものかもしれないと思いはじめました。相変わらず機械オンチで恥ずかしい限りですが・・・。

 メニューとしては、①タイヤ交換、②ホーン修理、③マフラーの腐食、④シートの温熱スイッチが入ったまま、⑤始動時のクラッチの鳴き、⑥リヤウィンドウの電熱線が効かない、⑦高速走行時にできたフロントスポイラーのキズとトランクにやってしまったこすりキズの修理、と言ったところです。

 ①は当然長崎からの課題です。左右対称のコストパフォーマンス重視であまりハイグリップでないものをお願いしました。
 大きなトラブルが②、④、⑥で、電気的に原因が重なっている可能性があるとのこと。ホーンの音が低音側も高音側も出ないのは単なる接触不良かどうかよく見てみないとわからないということでした。
 もう一つ深刻なのが③。腐食は相当進んでいるようで、ちょっと触るだけでパテと一緒に腐った鉄片がポロポロと取れてきます。純正品など当然なく、Q4用のマフラーを作ってくれるところも相当限られるようで・・・。
 さらに不安なのが⑤。これって最初はそれほど気にしていませんでしたが、クラッチを戻すときに音がするってことはレリーズベアリングってのが終わっちゃってるってこと?確か、Q4のクラッチってエンジンを下ろさないと触れないんじゃ・・・!?

 自分の薄っぺらい財布でこの車を維持していけるのか、新年早々大きな壁にぶち当たってしまったのかも?
 

スポンサーサイト

Category: 164

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- # | 2012.01.22(Sun) 11:03 | | EDIT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。