164Q4復活!

| EDIT

 本日(もう昨日か)、164Q4を受け取りました。

 岡山から東京まで自走して帰る途中、パワステポンプが故障して緊急入院となったのがもう3年前。

 北海道1年目の夏に、ショップとOCのメンバーの方にお世話になり、なんとかパワステポンプを交換したものの、症状は改善せず。他にも怪しいところがあり、テスターで診断するため当時のアレーゼ武蔵野へ。テスターは機能するも、エラーコードは結構大雑把な回答で、どの部品が原因かまでは特定できず。ステアリングラックの不具合がさらに発生。他にも怪しいところがあったものの、どの道あとちょっとでステアリングラックも修理が必要だったことから、北海道のOCメンバーだった方と共同で部品調達することに。気がつけば秋も終り、寒くなってました。

 アメリカ以外も探したものの、拙い英語でやり取りした結果、新品は当然ながら既になく、やはりアルフィッシモ頼り。何とか年内に部品を確保したいと思ったものの、そこから混乱。支払い方法の認証にも手間取り、リビルド品は先方にあるのかと思いきや、結局、故障したステアリングラックを外してアルフィッシモに送り、アメリカでリビルドしたものを送り返してもらうしかないことに・・・。ショップに多大な迷惑をかけながら何とかステアリングラックをアメリカに送ったものの、最初はオイル漏れで税関でストップ。タイムラグが生じてしまうため、送り返す梱包を二つに分けてもらうことを依頼。ステアリングラックは再度梱包し直して送り直し、リビルドパーツを受け取ったのが年末。ステアリングラックはともかく、一緒に頼んだはずの他の部品は数が足りなかったり、質が悪かったり・・・。文句をつけても交換には応じず、今はこれしかないからあきらめろ、的な回答。それでもアルフィッシモを頼るしかないのが現状と言うところでしょうか。むしろ、一般的には不人気な164の部品を何とか確保しようとしているアルフィッシモは稀有なありがたい存在だと言うべきか。

 気がつけば1年が過ぎ、ゴールデンウィーク前にはなんとか整備が完了して北海道の大地を我が164Q4が走り出すかと思っていた矢先、ショップのメカニックの一人が怪我をされてしまい、ステアリングラック取りつけ作業が中断。納車が遅れるとの知らせ。

 実家に残した親の具合もあまりよくなく、心配だったこともあり、ペーパードライバーの妻もなんとか乗れる一番小さいサイズの取り回しの楽な4ドア車で、どんな状況でも必ず動く足車の確保は絶対条件という状況になってきました。

 正直、もはや164Q4は完全な趣味車。かくして2台体制を決断。 「164Q4、1台でどこにでも行ってやる。」と購入当初は思ってましたが、さすがに限界を感じました。もう部品もなく、いたわりながら走らないといつまで乗れるかわからない’ほぼ絶滅車’というのが今の164を取り巻く環境です。まあ、164をお持ちの方は当然足車を確保されているのでしょうが、購入当時の自分は1台体制でいけば、その分すべての予算を164の整備とレストアに注げるから効率いいだろうと思い込んでいました。

 こうして急遽、足車を確保することに。とはいえ、少しは面白くないと乗る気も萎える。ということで、せめてセレスピードできびきび走りそうだ車、ということで147を選択。あとはショップにお任せしました。突然のお願いにすぐに車を探してくださり、納車されたのがリネアロッソ。といっても、その存在も全く知らなかったのですが、赤いステッカーが貼ってあって、シートが赤で、ホイールがオリジナルのアルファ・ロメオにありがちな日本限定車らしいですな。ホイールは本国の本来のサイズに戻してしまいましたから、今ではただの147ですが、乗り始めると足車にしては楽しい!この1年でクラッチ、ドライブシャフトを交換。大分しゃっきりしてきましたし、この5月には車検なので、このタイミングでフロントのアッパーアームとロアアームを交換予定、サスペンションもコニに変えようかと。これでほぼ147はやることがなくなるかな。

 脱線したので164Q4に戻ります。147を納車してもらい足車は確保できたので、164Q4はじっくり直してもらうことに。満を持してステアリングラックを組み付けたものの、ビスコマチックのエラーは消えず。

 ステアリングラックについているアングルセンサーが原因らしいことが判明。北海道のOCの方が整備マニュアルをお持ちなので見ていただいたところ、肝心のアングルセンサーのセンターの抵抗値が分からない。そこでOCメンバーの方々にご相談し、抵抗値を教えていただくとともに組み付けノウハウについてもアドバイスをいただき、ショップに伝えました。

 164Q4の経験はそれまでなかったことから、その後も相当悪戦苦闘していただきましたが、とうとうビスコマチック完全復活! 

 オーナメントも交換してもらい、長崎でチューシャして応急処置していた天井の内張りのたるみも張り替えていただきました。

 ただ、新たな問題が…。フロントガラス内側の温風吹き出し口のプラスチックのパネルが割れてしまいました。さらに、164全般の悩みであるメーターカバーがとうとう熱で歪んでしまい、めくれ上がってきてしまいました。これも3年という時間経過の代償か。アクセルペダルの動きもちょっと悪い。これも次回の課題。

 でも、あせらずぼちぼち直していこうと思います。気持は「とりあえず走ればいい。」くらいのスタンスで、でもチャンスがあればOCのみなさんのアドバイスをいただきながらきっちり直していこうと思います。この際、部品を作ることも考えないといけない時期なのかなとも思います。人と違う車に乗るには、それなりに覚悟が必要になってきたようにも思います。精神的にも経済的にも。それにどこら辺でおりあえるか、ということでしょうか。

 いろいろ悩んだりしましたが、164Q4を整備ラインから店の横に出していただくとき、素直に「やっぱりカッコいい!!」と思ってしまいました。

 この3年間、本当に皆様に有形無形のご支援をいただきました。

 まだしばらく「血の池地獄」は続きそうです(苦笑)引き続き、ご支援のほど、宜しくお願いいたします。まだまだ走り続けますから。

スポンサーサイト

Category: 164

COMMENT

ついに復活しましたね。まずはじっくりと車と対話ですね。良かったです

kanatyu #- | 2016.02.21(Sun) 11:03 | URL | EDIT

kanatyuさん

有難うございます。
北海道では本当にお世話になりました。
今度、北海道に行く機会があれば必ずご挨拶に伺います。
さすがに164では無理かもしれませんが(苦笑)

きゃつお #- | 2016.02.21(Sun) 12:03 | URL | EDIT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。