福島にて(大内宿)

| EDIT

 毎年、春と秋には温泉に行きたくなり、この数年は福島の土湯に来ることが半分恒例になってます。結果的にこの3連休も大移動してしまいました(苦笑)

 土湯温泉にこれだけはまってしまったのは、初めて来たときに通ったゴールドラインとレークラインの紅葉があまりに見事だったのと温泉宿のひなびた雰囲気が気に入ったからなんですが、今年の紅葉もかなりのものでした。

 みちのく寄り合いの時、ですでにスカイバレーは紅葉が大分始まってましたが、ちょうどこの3連休で福島の紅葉が見ごろになったようです。

 そんなわけで毎年福島には足を運んできたので、福島の観光スポットは結構回っているつもりなのですが、今回は初めて大内宿に足を運んでみました。

 大内宿は会津から江戸までの最短ルートとして会津と日光を結ぶ街道の宿場町だったとのこと。

初めて来ましたが、とても落ち着く雰囲気でもっと早く訪れればよかったと思うほどでした(笑)

大内宿1

 まだ開店準備中ですが、こういう古民家がお土産を売ったり、コーヒーを提供したりといろいろしています。

大内宿2

 そうこうしているうちに、観光客も大分増えてきました。ここは観光バスが何台もやってくる結構な観光スポットのようです(苦笑)

大内宿3
 
 紅葉の時期でもあり、気持ちよい一時です。そして大内宿と言えばテレビでもよく取り上げられる葱蕎麦です。

大内宿5

 これがなかなかにたべるのは難しい。また、混んでいたため通された席が店先のすぐ裏で観光客に見られながら食べたところがちょっと恥ずかしいのもあり、余計に焦りました(苦笑)

大内宿4

 名残惜しいのですが、そろそろ土湯に向かいます。

 大内宿6
 

スポンサーサイト

Category: 観光

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。