物色中

| EDIT

 コメント下さった皆様に感謝いたします。地獄の淵を覗かれた方(中には同じ血の池地獄におぼれてしまたご同輩もいらっしゃるようで)のコメントに励まされ何とかやっております。

 残念ながら昨年から念願だった164で北海道を満喫しようという当初の計画はあきらめました。

 164Q4の状況ですが、走るために必要な部品はあらかた調達またはオーバーホールできましたので、組み付けてビスコマチックのエラーが消えればとりあえず当面の問題は解決するのではないかというところまでこぎつけました。

 ただ、まだシートが固定して動かないという故障が発生しており、こちらの故障個所と部品の特定、部品の海外調達(当然国内ストックは望み薄)と、ビスコマチックがらみの重篤な問題ではないにしてももうしばらく時間が必要な状況。

 実際にここから先は車が物理的に整備できるかという問題とは別の次元の問題なのですが、お願いしているショップが関東のドカ雪の影響からスケジュールが押してしまって164Q4に手が回らないとのこと。こちらも変態車をお願いしている手前あまり無理も言えず。

 とはいえ走りもしない車に1年間ただ金をつぎ込んでいるため、さすがに家族から反感をかっております(苦笑)

 164Q4を整備することはなんとか理解してもらえるものの、やはり地方勤務には足車は不可欠。車のない生活にとうとう悲鳴が上がってきました。

 この先、164Q4を持ち続けるためにはやはり足車を調達するしかないようです。

 というわけで足車候補を物色。初めはスパイダー(エンリコ・フミアデザインの前期型)が候補に。しかし左ハンドルとMTは御法度。妻が運転できる車でなければならないという厳しい条件が・・・。

 次に検討したのが147GTA。値ごろ感も出てきてかなり現実的な選択。セレスピードも改良が加えられているし、これまでの整備状況と走行距離を見て個体を選んでいただき、無意味な断続を繰り返すシティモードさえ封印すればセレスピードはほぼそこらのATと同じようなもんです。気をつけるのは坂道発進くらいか。

 これはこれで嫌いではないのでかなり本気で考えましたが、当初予算をちょっと超えており、さらにアルファ・ロメオだけに足車としてはランニングコストがちょっと心配。ダメ押しでこれもデカすぎると(147と全長・全幅とも数センチの差。これをデカイと言うのか!?)却下。

 結局乗りなれたプジョー206か147TSを探しているような状況です。さて、この先どうなることか・・・。

Category: 日記

オーバーホール

| EDIT

 時計のオーバーホールが終わってきました。誤差が大きくなったりリューズが固くなったりで、いよいよ観念して修理に出しました。

時計の修理


 社会人1年生の頃に買ってから数回オーバーホールに出したくらいで、毎日酷使してきた時計達です。メーカー指定通りにオーバーホールをしていなかったのも悪いのですが、毎年オーバーホールに出している人なんているのでしょうか?まあ時計が趣味の人なら出してるか!?

 とりあえず私が出したのは岡山の ウォッチ職人 さん。

 昨年、岡山に住んでいたときに試しに修理をお願いしたところ、やたらと修理期間がアバウトで「大丈夫かいな?」と心配したものの、直ってきた時計を見て満足、そして納得。

 交換した部品もちゃんと付けてきてくれるし、言い忘れていたベルトの金具の調整もしてくれてました。車もそうですけど、交換した部品を見せることって基本なんですよね。時間がかかっても、わざわざ北海道から送っても、ここは他にはないサービスをしっかりしてくれました。

 サービスとは、安いことだけではないことを久しぶりに実感しました。とりあえずオーバーホールに出した日を忘れないようにしておかないと…(爆) 

Category: 日記

初の雪まつり

| EDIT

 札幌の冬といえば、雪まつり。もう終わってしまいましたが。

 そもそも、地元の方はあまり行かないのだとか・・・。私は地元民ではないので、ものは試しに行ってみました。


 マナーの悪い中〇人には辟易ですが、なかなか楽しめました。

 ずっと歩いていると寒さが伝わってきて足がシビレてくるのが玉にきずですが、そこは要所要所で休憩をはさんで暖を取りながら。大通公園のいいところは地下がすすきのまでつながっていることで、そこまで戻れば地下で十分くつろげる点です。

 気に入ったのはここですね。

雪まつり

 アウディ。札幌ではやたら見かけます。こんなところも販売に結びついてるのかな?

Category: 日記

すでに1月も半ば・・・

| EDIT

気がつけばもう1月も半ば。

年末年始は足利に戻り、車がないため、実家のガレージを整理しつつ・・・、ついでに近所のレストアショップを覗いてみたり。

レストア屋1

レストア屋3

レストア屋2

いつかはこんな感じで164を自宅のガレージでいじれたらいいな~と思うちょっと長めの休暇でした。

あとは吉祥寺の「くぐつ草」でカレーなんぞ食べてみたり。

くぐつ草

くぐつ草のカレー

結局、大したことは何もしない年末年始でした。

ちなみに。久しぶりに懐かしい駄菓子に遭遇。「ハートチップル」!!

ハートチップル

これって、北関東にしか出回っていないのでは?もっとメジャーになってほしい駄菓子です。

Category: 日記

久しぶりの164

| EDIT

 先日、164オーナーズクラブではただ一人、北海道で164を維持されているkanatyuさんとお会いしました。

 札幌駅で待ち合わせると、シルバー(正式な色名はわからないのですが)の、手入れの行き届いたいいたたずまいの164が登場。164はやっぱり存在感あります。足のない私のために164を出動させてくださり、来年札幌に我が家の164が来たときに面倒を見ていただけそうなショップをいくつか実際に案内してくださいました。

 札幌近郊のアルファ・ロメオを取り扱うショップ(中には主流は別メーカー車で、頼まれればアルファ・ロメオも扱うというスタンスのところも含め)を何店かご紹介いただきました。案内いただきながらショップの方のお話をうかがってみて、正直なところ164はどのモデルも部品の確保が難しくてショップも商売にしにくく、協力的なプロショップでもその熱意だけではメンテナンスするのが困難な状況であることをあらためて実感しました。特にこの1年、身をもって感じたQ4特有のトラブルについては、整備マニュアルがあっても専用部品の確保なしにはかなり厳しいことを痛感しました。

 kanatyuさんは164ばかり乗り継ぎ、自ら整備しており、今回の車とは別にもう1台を仕上げようと整備工場の片隅に2台の164を確保するほどの兵でした。北海道ではショップに頼れることが限られていて、できることは(できないことでも何とか自力でできるようにして)自力でなんでもやっていかないと維持できない現実が見えました。

 同時に、地方都市の厳しい現実に直面すると、164オーナーズクラブの活動が、かつてオーナー同士で協力し合ってなんとかメンテナンスをしていこうという活動が中心だったところから、どちらかというとかつて乗っていた車を懐かしみつつ同じ時代を共有した者の親睦の場を設けるといった方向にシフトしてしまっていることに寂寥感を持たざるを得ないところです。 

 とはいえ、今回kanatyuさんにお会いして、厳しい環境の中でもなんとか164を維持していこうとする姿を目の当たりにして、自分ももう少しQ4のステアリングラックの調達にできることを何でもやってみようかという気持ちになてきました。

 そう思うと、ちょっと否定的な気分になってしまったオーナーズクラブの存在も、結局は「有志の集う機会を作ってくれる場」としてこういう出会いをもたらしてくれることには別の側面があり、その意味ではやはり重要な意義があるのかなとも思い至りました。

 さて、部品調達に向けて、ここ数年地方回りをするなかで頼ってきたいくつかのショップに相談してみるなど、自分なりにできることを始めようと思います。kanatyuさんともまた近いうち、部品調達の相談をしたいとも思います。とにかく、164Q4の維持をあきらめる前に、できることをもう少しだけあがきたい、そんな気分になりました。

 最後に、朝里海岸でおばちゃんがやってる小さなお店(店というより子供のころ学校帰りに良く寄り道した駄菓子屋さんに近いたたずまいですが)で、kanatyuさんにご馳走していただいたつぶ貝、おいしゅうございました。

 ここは店の雰囲気も、つぶ貝の味も素朴で本当においしい。昭和な時間が流れていました。写真を撮れば良かった(苦笑)次は完治した164Q4で食べに来たいと思うところでした。kanatyuさん、有難うございました。

 

Category: 日記
  • «
  • »
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。