一筋の光明が・・・!

| EDIT

 このまま迷宮入りかと不安だった164の修理に一筋の光明が見えました。

 主治医と510さんにお骨折りいただき、なんとか部品取り車を確保いただけました。先方の部品業者の夏休みが明けるのを待って、懸案のステアリング舵角センサー周りの部品をごっそり捥ぎりに行っていただけるとのこと。

 これがちゃんと使えるかどうかは取りつけてみないとわからないということでしたが、とにかく先ずは一歩前進。

 ただ、今後のことを考えると不安もあります。164Q4には専用の設計パーツが多いようで、これらはもはや新品はもちろん中古品でさえ入手困難。結局のところ他の164Q4の部品を言わば『共食い』して生き残るしかない絶滅寸前の恐竜のような荒んだ状況になりつつあるということです。

 これがフェラーリだったりするときっと状況が違うのかもしれませんが、そんなことをボヤいていても仕方ありません。

 他の164を食いつぶして生き残っても、その先が見えてます。本当に生き続けるためにはなんとか新品パーツを作ることも模索する時期にあるのではないでしょうか。

 ただ、以前レストアショップに聞いた話では、部品の製作には相当の費用と時間がかかることを覚悟すること、そしてなるべく注文を取りまとめて一度に複数作るのがお勧めだが、発注後にキャンセルのないように事前の準備をしっかりと・・・という話を伺いました。

 部品の製作はハードルが高く、オーダーする側も経済的な面も含めて覚悟が必要で、しがないサラリーマンが地獄車(涙)を維持していくにはそろそろ経済的な肢切り条件が見え隠れしてきたことを今回の修理で実感しました。

Category: 164

さらなるトラブルと大迷惑の波紋が・・・(汗)

| EDIT

 今回の164のビスコマチックのトラブルでは、アルファ・デポを通じてクイック・トレーディングの510さんに大変お世話になてしまいました。

 510さんが国内海外問わず欠品パーツであるパワステポンプのオーバーホールをアメリカの部品商にかけ合ってくださり、なんとか整備までの段取りがついた次第です。

 アルファ・デポにクイック・トレーディングの510さんのメールアドレスを伺い(私は、今回の情報管理上の問題が起こる前からどうも「ふぇいすぶっく」なるものに懐疑的でして・・・。入会手続きとお友達の承認をいただいておきながらすみません・・・。)お礼のメールをしつつ、恐る恐るアルファ・デポにも進捗状況をうかがうメールをしてみると、さらにトラブルの連鎖で大変なことになっちゃってました(涙)

 順調に進んでいるものと信じて510さんにお礼のメールをしたばかりなのに・・・。アルファ・デポからの連絡を待ってメールすべきでした。

 パワステポンプを取付けた結果、ビスコマチックのオイル漏れは治ったものの、警告灯の点灯は治らず、点灯原因を診断するために結局クイックトレーディングのご厄介に・・・。クイック・トレーディングに入院し、テスター診断機を繋いでいただいたものの、クイック・トレーディングの手持ちの診断機では車輛とアクセスできなかったとのこと。

 164Q4の診断には専用の「FLテスター」が必要とのことなのですが、それを持っているのがディーラーの「アレーゼ武蔵野」しかなく、その「アレーゼ武蔵野」では164なんて販売していないものだからその珍種のQ4なんて整備したことないのは当然のことでして、いきなりそのトラブルの原因を突き止めるように言われてそれはもう大迷惑な話。スタッフの方が非情に苦戦されているとのこと。トラブルとご迷惑の波紋がどんどん広がっております(涙・・・ああ涙)。

 そのほか車検もお願いしており、あちこちチェックしていただいてますが、エンジンの後ろ側バンクのタペットカバーガスケットよりのオイル漏れが激しいので要交換(これは常日頃しっかりエンジンを回してこなかった罰があたったのでしょうか)なのと、冷却水のプラスチックのサブタンクの劣化が激しく、水漏れするのも時間の問題とのこと。まあ、これは経年劣化なので仕方ないところ。新品が入手できるうちに交換、交換。

 さらにフォグライト&バックフォグが点灯しないとのこと。そういえば点けたことがない(爆)

 おまけにセンターコンソールのスイッチパネルの照明が点かないので夜間はスイッチが見えない状態になっているとのこと。全然気にしてなかった・・・。

 広がるご迷惑の波紋にお世話になる皆様には申し訳なく、さらにご厄介にならなければならないことに対し、ここにお詫びと引き続きのお願いをさせていただきます。

 しかし、さすが164。侮りがたしQ4。地獄を味わえるとは聞いてましたが、本当にいろいろ出てくるもんですね(苦笑)

Category: 164

大迷惑を・・・

| EDIT

 我が家の164Q4が、どうもショップに大変なご迷惑をかけているようです。

 岡山から東京に自走する途中、ビスコマチックに不具合が生じほうほうの体でアルファデポにたどり着き、そのまま入院となり、当の私はそのまま北海道に赴任いたしました。そのため、その後の状況は電話で伺うばかりなのですが、交換する部品がないために皆さんにとんでもないご迷惑をおかけしてしまっているようです。

 状況から言うと目下、最大のトラブルはパワステ用オイルポンプからのオイル漏れ。オイル漏れがひどく、これが原因で油圧が下がってしまっているとのこと。Q4は四駆のオイルとパワステオイルを共用しているものだから結果的にビスコマチックの警告灯が点灯していたとのことでした。

 問題なのはこのパワステポンプは国内はもとより海外でももはや欠品で、再生品で対応するしかないこと。坂野さんはその再生品を入手するため、クイックトレーディングの510さんと相談の上、海外のリビルド品の調達を試みて下さいました。しかし、完全なリビルド品はアメリカにもないらしく故障した部品をアメリカに送り、アメリカでそれを修理して送り返してもらうという非常に厄介な段取りを取らざるを得なくなったそうです。510さんのお骨折りにより現在、部品の修理依頼中で、それが届くのを待っている状況とのことでした。それが直って戻ってきてから組みつけてみないと他にも不具合があるかどうかの確認ができないとのことで、そのほかにも消耗品の交換など、合わせて作業が発生しているため、まだまだ時間を要するとのことでした。

 作業が停滞したまま現在も、うちの164がフロント下回りをバラされたままアルファデポの整備台を塞いでしまっており、不本意ながらアルファデポの他の作業を妨げてしまっているようです・・・。

 これは、心の師510さんのブログの中でも記述されている「オーナーがやってはいけないマナー違反」の典型でした。儲けにならない地獄車の整備を引き受けてくださるショップは、それだけで負担を引き受けているのだから、オーナーも部品の確保の遅れ等で余計な負担をショップにかけないようにすべき、という教えです。今回、自分の認識不足でショップに大迷惑をかけてしまいました。

 ですが、それでもあの164Q4に乗り続けたい。身勝手な私はアルファロメオらしい本来のいい状態に少しでも近づけ、少しでも長くあの164Q4に乗り続けたいと望んでしまいます。

 リビルド品を使うにしても164Q4は専用設計部品が多々あり、もともと生産台数そのものが少ないため部品取り車の確保は今後必須条件になってくると今回のことで痛感しました。それも含め今後どうショップと付き合っていけばいいのか、自分は何をどこまですべきなのか、今更のことで恥ずかしながら坂野さんとも相談してみたいと思います。

 我が家の164Q4に関わってくださっている皆様、ご迷惑をおかけして本当に申し訳ありません。そして我が家の164Q4がその車としての生涯を全うできるよう、もうしばらく引き続きのお力添えをよろしくお願いいたします。

Category: 164

入院中

| EDIT

 3月の末、岡山から埼玉の春日部まで自走した我が家の164は里帰り先のアルファ・デポで目下入院中。

 もうすぐ東京というところで突然あのビスコマチックの警告灯が点灯。一度エンジンを切るとしばらくは消えるものの、やはりまた点灯。そのうちその間隔が短くなり、東京に着くころには点灯しっぱなし。

 オイルの焦げた臭いもしはじめました。これはまずいと思いながらも前回のような異音や振動はないし、春日部までもう少しだったこともあり、そのまま自走し、アルファ・デポにたどりついたところで即入院。

 ビスコマチックが一番気がかりですが、他のこまごました修理もあわせてお願いし、今は北の大地におります。こっちはまだ岡山の冬の終わりみたいな気温で、感覚的には2カ月はずれてるような気がします。

 車のない生活がこんなにつらいとは・・・。ビスコマチックのトラブルだし、不安は否めませんがなんとか無事に復活してほしい。

 164が待ち遠しい冬の終わり(?)です。

Category: 164

里帰り

| EDIT

 今月末、ひとまず164はアルファ・デポに里帰りさせます。正直、1年で異動になるとは夢にも思っていなかったのでジャッロガラージュの水河さんとは車検のタイミングに合わせていろいろ気になるところの修理の段取り調整まで進めていた矢先でした。水河さんには本当に良くしていただいたし、こん店が地方にもあるなら164Q4はまだまだ走れると実感したところでもありました。

 本当に名残惜しいのですが、岡山にいられる時間もあとわずか、ひとまずアルファデポでまた気になるところを整備&修理していただいて、搬送していただく予定です。

 今回のメニューは、①助手席シートヒータースイッチの不具合。今回の異動でシートヒーターは絶対欠かせない必需品になってしまいましたので、これは何としても使用可能な状態にしておきたいところ。

 さらに、②天井の内張り。長崎の時にあまりの垂れ下りっぷりに接着剤を注入して応急処置してきましたが、もう限界。見た目も美しくないし。ずっと気になていたものの、シートの傷みも進んでいるのであわせて色を変えようなどと考えていたものだからなかなか作業に踏み切れず。でも、あまり奇をてらった色にするのもどうかと思い、現行アルファの内装イメージにあわせてオリジナルと大きく印象が変わらないようにしようかと。シートの色はもう少し明るめの赤にしたいけど、それはじっくり色合いを相談しながら決めないと。どあの内張りまで全部だから慎重に考えないと・・・。

 そして③オーディオドアの修理。やはりプロショップとはいえ、どこの業者さんも古い車のダッシュボード周辺はあまりいじりたくないようで、特に岡山ではそもそも経験のない164のQ4のマイナートラブルで無理をいろいろお願いしてしまってましたから、あまり細かなしょーもないトラブルまでお願いするのも気が引けて。ここは実家に里帰りさせるついでに坂野さんと相談することにします。修理作業より下準備の方が厄介なのでは?なんせあのベタベタ時限爆弾付プラスチックが相手ですから(苦笑)

 ④クラッチペダルの鳴きも再現してきました。これも見ていただこうかと。

 アルファデポでは、坂野さんのあのお人柄についつい甘えてしまってわがままをお願いしてしまいます。坂野さんは164Q4には詳しくないとおっしゃりながらもいろいろ調べたり、クイックトレーディングさんに相談したりしながらいろいろやりくりしてくださいます。だから、坂野さんに「もう直せない。」と言われるまでは、日本全国どこに異動になっても164Q4に乗り続けようと思います。

Category: 164
  • «
  • »
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。