足車決定

| EDIT

 足車がほぼ決定しました。

 147リネアロッサ、だそうで。りねあろっさ・・・ってなんだ?などと思いながら、足車なのであまりがんばるつもりはなかったのですが、かなりいい状態の車をご用意くださったようです。

足車候補2
1足車候補

 リネアロッサは標準が17インチらしいのですが、これは18インチ・・・。さすがにやり過ぎです。デザインも好みではないのでもう1セットホイールを検討していることを伝えると、147TSに標準の16インチに交換していただけるとのこと。

 さらにスタッドレス用に15インチのホイールまでおまけしていただいてしまいました!!

 これで履き比べしてみようかと思います。

 メカニックの怪我も良くなったようで、164Q4の修理も再開とのこと。これからまた追加部品探しの日々も再開か(汗)

Category: 日記

足車と164Q4

| EDIT

 皆さんからの叱咤激励に感謝です。私の懐具合までご心配くださった方もいらっしゃいましたが(苦笑)、何度も手を出すなと言われたQ4に手を出したのですからそれなりに覚悟はしておりました。

 164現役オーナーなら、どのレベルで維持するかというのもありますが、皆さん、それぞれそれなりに生活との折り合いを考えておられることと思います。特に、Q4は精神的にも経済的にも手間のかかる車ですから、現にQ4をお持ちのご同輩ならいつ重整備がふってわいてくるかもわからず、ナンバーを切るかどうかも含め自分の懐具合と相談しながらなんとかメンテナンスのペースを模索されているのだと思います。

 「アルファ・ロメオ164を持つ者は整備記録だけを保存して領収書の額は忘れろ。」とはオーナーズクラブの掟なのだそうですが、とはいえ無尽蔵に整備費を投入するわけにもいきませんので、自分なりに164Q4を購入するにあたり、164から身を引く決断の線を決めております。

 そして、この条件は、164Q4購入時にショップとも相談して自らに課したものです。私の収入で164Q4にかけられる額は、車趣味としては心もとないものかもしれません。母が高齢なこともあり、何かあればこの条件も守れないかもしれません。でも、今は前向きに進み続けるしかないと思っています。

 主治医がこの条件で面倒をみると仰って下さる間はこのQ4と付き合っていきたいと思っております。車そのものに惚れ込んだのは当然ながら、それ以上に前オーナーとショップの心意気に惚れ込んだのですから。

 だからショップが調達に苦慮する部品は何とか自分も苦手な英語を勉強し直してでも見つけたいと思っています。そして、ありがたいことに折に触れ私に救いのアドバイスを下さる現役164オーナーの方々がいらっしゃるから、もうしばらくは何とか歯を食いしばってでも維持したい。

 オーナーズクラブの半数近くが元164乗りとなった現在でも、まだ共に164を維持しようとする仲間がおり、その方々と知り合えただけでもオーナーズクラブに所属する意義はあったと思っています。

 それと、メンテナンスについて。この1年の出来事を機に、メカについての知識は絶対に必要だと痛感しました。それはメンテナンスそのものに自分の手を汚すかどうかとは別に。

 164Q4の場合、専用設計部品が多く、そのほとんどが既に新品パーツなどなく、「もぎった」中古品をリビルドしてくれる海外のショップが最後の頼みという状況。遅れればショップに無用の負担を強いることになり、重要な部品は計画的な調達が必要で、部品取り車の確保と「もぎり」のための最低限の知識と技術は必要と痛感した次第。

 ただ、私は自ら整備しようとは思いません。自分でいじれたら面白いだろうという興味はある半面、整備費をけちってけがをしたくないというのもあります。仕事柄、整備不良により他人まで巻き込んでしまった不幸なケースもいくつか見ているし、立場上、私自身、それを許されていないから。それに、公道で流れを無視してまでアクセルを開けようとも思いません。これからは飛ばしたいときはサーキットに行こうと思います。妻も運転できて、色々な用途に耐えられるそこそこの価格の足車が欲しい。そんなところから足車を選びました。 

 足車は147TSになりそうな状況です。現車は見ていませんが、素人は車を見るより扱う人を見るべきだと思っています。お世話になっている主治医が、入念に品定めをしているところです。だから、主治医がOKなら私もOKです。

 正直、足車として想定していた予算を少々オーバーしてしまいましたが、中古車は安ければいいというものでもないと思います。ちょっとしたワクワク、少しばかりの緊張を伴いながら納車を待つばかりです。

Category: 日記

物色中

| EDIT

 コメント下さった皆様に感謝いたします。地獄の淵を覗かれた方(中には同じ血の池地獄におぼれてしまたご同輩もいらっしゃるようで)のコメントに励まされ何とかやっております。

 残念ながら昨年から念願だった164で北海道を満喫しようという当初の計画はあきらめました。

 164Q4の状況ですが、走るために必要な部品はあらかた調達またはオーバーホールできましたので、組み付けてビスコマチックのエラーが消えればとりあえず当面の問題は解決するのではないかというところまでこぎつけました。

 ただ、まだシートが固定して動かないという故障が発生しており、こちらの故障個所と部品の特定、部品の海外調達(当然国内ストックは望み薄)と、ビスコマチックがらみの重篤な問題ではないにしてももうしばらく時間が必要な状況。

 実際にここから先は車が物理的に整備できるかという問題とは別の次元の問題なのですが、お願いしているショップが関東のドカ雪の影響からスケジュールが押してしまって164Q4に手が回らないとのこと。こちらも変態車をお願いしている手前あまり無理も言えず。

 とはいえ走りもしない車に1年間ただ金をつぎ込んでいるため、さすがに家族から反感をかっております(苦笑)

 164Q4を整備することはなんとか理解してもらえるものの、やはり地方勤務には足車は不可欠。車のない生活にとうとう悲鳴が上がってきました。

 この先、164Q4を持ち続けるためにはやはり足車を調達するしかないようです。

 というわけで足車候補を物色。初めはスパイダー(エンリコ・フミアデザインの前期型)が候補に。しかし左ハンドルとMTは御法度。妻が運転できる車でなければならないという厳しい条件が・・・。

 次に検討したのが147GTA。値ごろ感も出てきてかなり現実的な選択。セレスピードも改良が加えられているし、これまでの整備状況と走行距離を見て個体を選んでいただき、無意味な断続を繰り返すシティモードさえ封印すればセレスピードはほぼそこらのATと同じようなもんです。気をつけるのは坂道発進くらいか。

 これはこれで嫌いではないのでかなり本気で考えましたが、当初予算をちょっと超えており、さらにアルファ・ロメオだけに足車としてはランニングコストがちょっと心配。ダメ押しでこれもデカすぎると(147と全長・全幅とも数センチの差。これをデカイと言うのか!?)却下。

 結局乗りなれたプジョー206か147TSを探しているような状況です。さて、この先どうなることか・・・。

Category: 日記

近況報告

| EDIT

 164Q4.なかなか思うように進んでいません。

 とりあえず備忘録的近況の整理から。

 ステアリング・ラックは、昨年末からアルフィッシモ・インターナショナルとやり取りしてなんとかリビルドしていただいたものの、そのほかの一緒に頼んだ部品調達については、まだ道半ば。

 ステアリング・ラックとあわせてその他の部品を他のオーナーズクラブメンバーと共同発注したものの、ステアリング・ラックと一部の部品だけが先に届き、残りはまだ届かず。支払いは完了してしまったのでもうこないかも?共同購入のクラブメンバーにはお詫びして届かなかった部品代はひとまず返金。

 アルフィッシモ・インターナショナルからのメールでは、こちらからの次の部品発注時に残りの部品も一緒に梱包して送る、というようにも読めなくもないが、なんせ英語である上に短文過ぎて意味がよく判らない。

 まあ、一番の大物のステアリング・ラックが届いたのでよしとするしかないか。


 別便で送るような回答はあったものの、どこまで信用できるのか・・・。なれない英文のやり取りに加え、年末年始のドタバタに税関問題まで発生してしまったので、今回は仕方なかったか。

 教訓としては、急ぎの部品は自分一人で調達すべきだったということ。それに、取引に慣れるまでは共同購入は避けるべき。正直、わけがわからなくなる。自分の部品でさえまともに調達できないのに・・・。

 次の課題はホームページに載っていない部品をいかに探してもらうか。まだまだアルフィッシモ・インターナショナルとの交換日記は続きそうですな。

 164Q4の整備は、関東に降ったドカ雪の影響でおくれているようです。アングルセンサーの信号がちゃんと送られて、ビスコマチックが正常に戻ればいいのですがどうなることか。

 シートのモーターも故障してますが、これも部品があるかどうか。国内にないのはもう判り切ってますが。アルフィッシモ・インターナショナルからは「何でも探してやる!」と強気のメールが届いているので、この辺も頼んでみようかと。

 言葉が十分に伝わらないことによる行き違いのトラブルはあるものの、基本的に誠実な業者さんです。メールが雑で短文なもんだから、良く内容がわからんけど、レスポンスはすこぶるよいので、とにかく何回もメールで聞き直している状態。もがきながら何とか前進しているからまあいいか。

それにしても164Q4、さすがにちょっと待ち疲れてきた。このまま整備があまり進展しないなら、一度整備費用を清算してしまって車庫にしまいこみ、北海道は別の足車でも調達してそれで過ごそうかな・・・。

Category: 164

オーバーホール

| EDIT

 時計のオーバーホールが終わってきました。誤差が大きくなったりリューズが固くなったりで、いよいよ観念して修理に出しました。

時計の修理


 社会人1年生の頃に買ってから数回オーバーホールに出したくらいで、毎日酷使してきた時計達です。メーカー指定通りにオーバーホールをしていなかったのも悪いのですが、毎年オーバーホールに出している人なんているのでしょうか?まあ時計が趣味の人なら出してるか!?

 とりあえず私が出したのは岡山の ウォッチ職人 さん。

 昨年、岡山に住んでいたときに試しに修理をお願いしたところ、やたらと修理期間がアバウトで「大丈夫かいな?」と心配したものの、直ってきた時計を見て満足、そして納得。

 交換した部品もちゃんと付けてきてくれるし、言い忘れていたベルトの金具の調整もしてくれてました。車もそうですけど、交換した部品を見せることって基本なんですよね。時間がかかっても、わざわざ北海道から送っても、ここは他にはないサービスをしっかりしてくれました。

 サービスとは、安いことだけではないことを久しぶりに実感しました。とりあえずオーバーホールに出した日を忘れないようにしておかないと…(爆) 

Category: 日記
  • «
  • »
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。